津島千佳

この料理にもごま!? ごま嫌いな息子とごま料理専門カフェ「goma to」へ

スーパーフードとしても注目を集めているごま。でも息子は、ちょっと振りかけてあるのも払うほどのごま嫌い。そんなごま嫌いにこそ訪れてほしい、ごま料理専門のカフェ「goma to(ごまと)」が東京・自由が丘にオープン。どんな料理が楽しめるのか、息子と一緒に遊びに行ってきました。

振りかけるだけじゃない! バリエーション多彩なごまの取り入れ方

「goma to」を手がけるのは、ごま油で知られるかどや製油。ごまの新しい使い方や新しい魅力を伝えたいとの思いから、このカフェをオープンしました。

「goma to」の清潔な店内。店内30席のほか、テラス8席もあります。

フード、スウィーツ、ドリンクを揃えるメニューは、もちろんすべてごまを使用。いりごま、すりごま、ねりごま、ごま油を用いていますが、ごま油は焙煎度合いの異なるものを使い分けるこだわりようです。

一度に、その様々なごまが味わえるのが看板メニューの「goma to プレート」。

「goma to プレート」¥1,800

季節ごとに変わる9種類のプレートメニューで、ごまが振りかけてある料理もありますが、どこにごまがあるの?と思うメニューも。この日にあった新じゃがの焚き物もその一つで、ごま油に漬け込んだもので食べると奥からごまの風味が。料理にごまを使う場合、振りかけることがほとんどなので、こんな使い方もあるんだと目からうろこです。

麺好きの息子が選んだのは、「発酵レモンごま油と小豆島そうめん」。

「発酵レモンごま油と小豆島そうめん」¥1,200

かどや製油創業の地である小豆島の名産、そうめんをアレンジした一品で添えられた野菜は、焙煎したごま油に漬け込んで味付けされています。さらに発酵レモンを漬け込んだごま油をかければ味変も!

息子が楽しみにしていたのは、ごまを使ったスウィーツ。オーダーしたのは白ごまとマスカルポーネチーズを混ぜ合わせた「白ごまとベリーのチーズテリーヌ」。

「白ごまとベリーのチーズテリーヌ」¥900

マスカルポーネの風味が勝つので、ごまが入っていると言われなければ気づかないかも。甘酸っぱいベリーが甘く、息子もパクパク。

息子には事前にごまに特化したカフェとは伝えていなかったので「そのデザートにごまが入っているよ」と伝えると、「えっ!? 本当に?」。「でも、おいしい」とにっこり。

ごまが苦手な人にもぜひ味わってほしい「goma to」の料理。自由が丘に訪れた際は立ち寄ってみては。

「goma to」

住所/東京都目黒区緑が丘2-24-8 arbre自由が丘

営業時間/11:00〜21:00

不定休

電話番号/03-6459-5959

「goma to」公式サイトはこちら

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top