pc-バナー_暮らしのヒント_マネー+

今年から専業主婦も加入できるiDeCo(イデコ)って?

fotolia_102473050_s

2017年のお金のトピックスとして最も注目度が高いのは、iDeCo(イデコ)=個人型確定拠出年金。専業主婦を含めたほぼすべての人が、この制度に加入できることになりました。

iDeCoは、自分で掛け金を出して将来の老後資金を作る制度。さらに、銀行などに積み立てるのとは異なり、いろいろな「おトク」が利用できます。裏を返せば、「公的な年金だけでは皆さんの老後資金が足りそうにないので、自分で準備してください。その分、便宜を図りますからね」という国の事情があるのです。自分でも老後に備えてほしい、というメッセージだと思えば、iDeCoの事をしっかり知っておかないといけない気持ちになりますよね。

まずは制度の輪郭から。専業主婦やパート主婦は、5000円以上1000円単位で月2万3000円まで(年間27万6000円まで)の掛け金を出すことができます。会社員の人は、勤め先に企業年金がない場合は月2万3000円、企業年金(確定給付型など)がある場合は月1万2000円、企業型確定拠出年金のみがある場合は月2万円までとなります。そのお金を毎月運用し、60歳になったら引き出すことが可能です(途中での引き出しはできません)。普通の積み立てより有利な点は、税制上の優遇があること。ますは、掛け金が所得控除の対象となり、その分、税金が安くなります(所得控除って?については「税金が戻る」という制度を使う前にやっておくべきこと)。

次に、掛け金を運用して出た利益には税金がかかりません。通常、預金の利子などには税金がかかりますが、iDeCoを使うと非課税になるのです。将来受け取る時にも、税制上の優遇が使えます。積み立て中も受け取る時も税金が安くなったりゼロになったりするため、「老後資金を作るための最強の方法」と言われるのです。

 

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

松崎のり子

消費経済ジャーナリスト

Noriko Matsuzaki

消費経済ジャーナリスト。雑誌編集者として20年以上、貯まる家計・貯まらない家計を取材した経験から、貯蓄や節約のアドバイスを行う。

pc-バナー_おすすめの記事_ライフ+

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る