飯田りえ

大宮エリーさん「数学が苦手なのに東大薬学部に入った私が、今こどものためのクリエイティブ学校を作る理由」【こどもエリー学園をオンラインで開校】

大宮エリーさん「こどもエリー学園」インタビュー画像映画、舞台、CM、作詞、絵画、写真に執筆…と、ジャンルを飛び越えて表現し続けている大宮エリーさん。とどまることを知らない彼女のクリエイティブ力を、今度は他者に伝授すべく、昨年4月から「エリー学園」を始められました。18〜67歳までの大人たちがオンライン上で集まり、クリエイティブ力を鍛える多彩なプログラムに参加、世界各地から集まった200名の同志たちと、素敵なコミュニティになっているのだとか。以前から「ぜひこの活動を子どもたちにも!」との熱望があり、ついに8月に子どもむけのオンライン学校「こどもエリー学園」が開校されるとのこと!これはどんなプログラムになるのか興味津々。早速、エリーさんのアトリエでお話を伺って参りました。

学校・家ではない、クリエイティブな”第三の場”を作りたい

大宮エリーさん「こどもエリー学園」インタビュー画像

__エリーさんが今、「子どものための学校を作りたい!」と思われたきっかけを教えてください。

大宮エリーさん(以下、敬称略):以前から美術館などで子どものためのワークショップをしていたので、「いつか子どもたちのための学校を作りたいな」と思っていました。そんな中、2015年にNHK「課外授業 ようこそ先輩」という番組に出させてもらって、それが大きなきっかけになりましたね。

__母校に帰って、後輩たちに向けて授業をする企画ですよね!好きな番組でした。

エリー:でも、最初は母校で授業をすることが乗り気じゃなかったのです。小学生の頃、いじめられていたので。でも、「今の小学生ってどんな感じなのかな」ということが知りたくて、「自分を知る、他者を知る」というテーマで授業をしました。今の時代、親も子も発信欲や自己承認欲が強い時代じゃないですか。思いやりがある人になってほしくても、そこには想像力が必要なのに、他者を見ていない…。そんな中で想像力ってつくのかな、と。

__そういった過去からの思いがあったのですね。

エリー:その時いじめられていた経験も、学園を作るのきっかけになっていますね。と言うのも、学校で私をいじめていた子が、おそらく塾でもいじめようとしていたんです。でも、その塾ではほかの学校の子たちが私を守ってくれて。その時に「私が悪いんじゃないんだ!世界はもっと広いんだ!」って思えたんですね。

だから、いじめられっ子とか引きこもりの子とか、ぜひそういう子ども達にも参加して欲しい。どうしても学校という狭い中で考えてしまうと、毎日が辛くなっちゃうけど、実際にはそれだけではないから。ここは想像力の場であり、ほかの価値観も認め合える場。自分と違う他者の個性に対して、「自分はどう思ったか」を大事にしていきたいです。

自分を知る、他者を知る、そして想像力を身につけることが大事

大宮エリーさん主宰・こどもエリー学園説明画像__ちなみに「自分を知る、他者を知る」というテーマで、具体的にはどんな授業を?

エリー:1限目は「名刺を交換する」という授業で、葉っぱや石でもなんでもいいので「自分はこういう人だよ」と伝えられるものを、作ってきてもらいました。靴の箱を真っ黒に塗ってきた男の子がいて。その子は「かっこいい!」と思ってもらいたくて作ったんですが、渡した相手にはそう伝わっていなかった(苦笑)。そのギャップを楽しんでもらう授業です。

2限目は「ワクワクを撮りに行く」という授業で、自分がワクワクするもの・ことを写真に撮ってきてもらいました。その中で石を大きく撮ってきた子がいて。その子は普段大人しくてあまり話さない存在だったのですが、その子に話を聞くと「ありんこの目線」と一言。確かに、小さな石が大きな山に見えて、ほかの子達も「おぉ〜!あいつ、すげえ!」ってみんなの見る目が変わったんです。これらの授業は、今回のこどもエリー学園でも取り入れていますよ。

__そうなんですね!聞いているだけでも楽しそう。

大宮エリー「こどもエリー学園」紹介画像

エリー:あと、2016年に青森の十和田湖美術館で5ヶ月個展をした時は、地元の子どもたち向けにワークショップを開催しました。商店街のシャッターに絵を描こうとか、お手紙を書こうとか。そうこうしているうちに、ことばやアートに関するメソッドが少しずつできあがっていきました。

__下地が、たくさんあったんですね。

エリー:日本の教育現場ってどうしても画一的というか、スポーツができたり、勉強ができたり、面白かったり…、そういう子ばかりが脚光を浴びやすいじゃないですか。でも、そうじゃない子もいっぱいいるし、みんなオンリーワンの才能がある。もう大学や就職先が問われる時代じゃないじゃないですか。これからは特に個性が必要になってくるので、そこを引き出したいのです。

__本当に。それぞれの個の力が求められています。

エリー:地頭がいい人って想像力が長けていて機転が効きますよね。「この流れだとこうした方がいい」と、先回りして考え行動できる人。そういう人って、小さい頃に面白い経験をしていたり、一人で妄想していたり、本をたくさん読んでいたり…。これは学校で学べることじゃないじゃないから、想像力をここで補って欲しいな、と。

「どうやってひとりで楽しむか」を考え続けて過ごした子ども時代

大宮エリーさん「こどもエリー学園」インタビュー画像__エリーさん自身はどんな子ども時代を?

エリー:親が家にいなくて、いつも一人で石坂浩二さんの読み聞かせのレコードをずっと聞いていたり、本を読んでいたり。淋しい気持ちもありましたが、ずっと工夫して一人遊びをしていました。絵も好きで習ってはいませんでしたがよく描いていたので、コンクールにも入賞していましたね。

__まさに想像力を働かせて、遊んでいたのですね!

エリー:あと勉強は全然できなくて、分数の「通分」がわからなかったんです。みんな要領よく機械的にできるんですが、私は腑に落ちないとできない。するとおかんが「ケーキを描いたら?」って言うので、いつも算数のノートにケーキを切り分けて考えていました(苦笑)。

__何がきっかけで勉強ができるように?

エリー:NHKの砂漠化のドキュメンタリーを見た時に「これは大変!砂漠でも育つ植物を作りたい!」と思ったんです。バイオ=理系なんですけど、数学が苦手で…。数学で得意じゃなくても、というか、難しすぎて差がでにくいから入りやすい大学と聞いて、一浪して東大に行きました。大宮エリー「こどもエリー学園」紹介画像

__え!!そこから東大…ですか?!

エリー:そうなんです。東大生ということもあって家庭教師もよく頼まれていたので、そういう意味では子どもを教える実地は踏んでいますね。全然勉強したくない子とか算数が苦手な子とか…、うまく本人の興味と直結させて、勉強する理由を作っていました。自分の中で腑に落ちる理由さえ見つかればできますよ。

__本人がやろうって気にならないとできませんからね…。それにしてもすごい。

エリー:私自身も、あの頃の自分に「やっておくといいよ」と言ってあげたいことがたくさんあります。例えば、中学受験の時に漁港の「水揚げ量」とか覚えるじゃないですか。今、仕事で国内を回ると「あぁ、ここが!」って思うことたくさんあります。なんにもフックがないと興味すら持たないけど、うっすらと名前を知っているだけで違いますから。

__そうなんですよね。最低限の知識はやっぱり必要で、それが実体験と重なった時に発揮します。

エリー:知識も必要だしクリエイティブ力も大事。詰め込み教育だけじゃ困るけど、クリエイティブ力だけだと底が浅くなっちゃう。だから、知識の部分をいかに楽しめるか、学校の授業を面白くさせたりするコツを教えられたらな、と思っています。

ことばとアート、あと面白い大人に会えるオンラインスクール

大宮エリー「こどもエリー学園」紹介画像__実際にオンラインでの授業はどんな流れですか?

エリー:隔週土曜の午前中開催で、通常の授業では月替わりでアートとことばのどちらかを学びます。1回目が「お題」を出されて、その間に制作して、2回目がそれぞれ「発表する」という90分です。例えば、アートの授業では「赤だけで絵を描こう」というお題を出されます。条件を制限することで、人は知恵を使いますから、そこでクリエイティブ力が鍛えられる。これってすごく困難に立ち向かえる力が養われるので「これしかないの、どうしよう!」という局面をいろいろ作ろうかな、と。

__確かに!便利すぎる世の中なので、不便で知恵を絞る機会ってないかも…。

エリー:あと、毎月1回特別授業があり、おもしろい大人にお話を聞く会があります。学校の先生からシェフになった方とか、漆職人で人間国宝の方とか。昔は地域があったから、いろんな大人に出会えましたが、今って難しいじゃないですか。だから私がコーディネーターとなって、いろんな大人と出会う機会を作ろうかと。

__人と気軽に会えない状況も1年以上続いていますからね。

エリー:学校で授業も行事もなくなっちゃって、子どもたちの思い出がないって聞いたので、「コロナでつまんなかったけど、エリー学園に通って面白いことしたな」って大人になってからも思い出して欲しい。

__ユニークな授業の中で、自分を知って、他者を知って。子どもたちの成長が楽しみですね。

エリー:そうですね。とにかく、子どもたちには自信を持って「自分って才能あるんだ!」「可能性あるんだ!」って思えるようになって欲しいです。これから生きていれば、失敗も、逆境もあるじゃないですか。親はずっと寄り添えないから、自分は失敗しても否定しないで、生き抜く力をつけて欲しいと思います。

__今後、挑戦してみたい授業はありますか?

エリー:いつか「森の学校」をやってみたいです。東大生の時にすごい覚えている授業があって。北海道の富良野集合だったんですが、なんの授業かもわからず、とりあえず単位がもらえるからという理由で富良野まで行くと…、研究者や教授が森を歩きながらキノコや植物を教えてくれて。それが、すっごい楽しかった。だからいつか私がコーディネートして、研究者と森を歩きながら生態系教えてもらいながら、木とか苔とか、見せてあげたいなぁ。

__それすごい素敵!!コロナが落ち着いたらできそうですね。

エリー:そうですね。あと、子どもたちにも意見を聞きいて、子どもたち自身で作る学校にしたいので、初期メンバーはとにかく楽しいと思います。私自身、これから子どもたちと過ごせる時間が楽しみです!

大宮エリーさん「こどもエリー学園」インタビュー画像

お話を聞いていると素敵な構想ばかりで、想像力はもちろん、考え方がいろいろ柔軟になりそうなプログラムばかりでした(むしろ、親の私が受けたいぐらい)。小学生〜中学生までが対象で、8月7日から開校予定。なんと初期メンバーの募集は7月25日締め切りなのでお急ぎを!ご興味のある方はぜひ「こどもエリー学園」専用サイト、もしくはエリーさんのNOTEでご確認ください。

 

撮影/山崎ユミ

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top