小学生向け「歯とお口の健康教室」で学んだホームケアで、子どもを虫歯から守ろう!【歯と口の健康週間】

はじめまして。ライターの福島綾香と申します。
現在LEEwebでは、主に連載コラム内の「今すぐ知りたい!お役立ちまとめ」を担当しています。
プライベートでは2歳の息子を持つ母で、育児に奮闘する毎日です。
皆さまの日常の中で“ちょっとしたヒント”になるような、気付きや情報を発信していけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

6月4〜10日は「歯と口の健康週間」

昨年から続くステイホーム生活。間食の増加や歯科通院の自粛により、虫歯リスクが高まっているのだとか…。学校でも歯科検診が延期・簡略化されるなどして、子どもたちの歯への影響も懸念されています。

そんな中、菓子メーカーのモンデリーズ・ジャパン株式会社が、小学生の子どもたちを対象としたオンラインセミナー「歯とお口の健康教室」を開催。今回はその様子をレポートします。

昔から虫歯になりやすい体質の私。自分の歯を念入りに磨くのはもちろん、子どもの仕上げ磨きにも苦心する日々です…。セミナーに参加し、改めて歯のケアを見直すきっかけになったので、内容を共有させていただきます!

小学生約150名と一緒に、歯の健康について学ぼう

参加した小学生たちの様子
今回のセミナーは、学童保育機能を備えた「東急キッズベースキャンプ」の子どもたち約 150 名と、講師を務める宮崎真至先生とをオンラインでつなぎ、 歯の大切さやホームケアについて、クイズや質問コーナーを通して楽しく学ぶというもの。

宮崎先生
日本大学 歯学部保存学教室修復学講座の宮崎 真至(みやざき まさし)教授

まずは宮崎先生がスライドを使って、虫歯ができる仕組みや、予防の方法について分かりやすくレクチャー。

「虫歯菌はみんなが眠っている間も、24時間活動しているから、寝る前に歯を磨こうね」「おやつは食べてもOK。ただし時間をちゃんと決めて。ゲームやテレビに集中しながらのダラダラ食べはNG!」など、小学生に響く内容ながら、大人もギクっとするポイントも…。

むし歯にならないために

特に「正しい歯磨きの仕方」については、改めて見直したいポイントがたくさんありました。

●汚れているところを、力を入れすぎずに磨くことが大事
毛先を歯の面に当てて、軽い力で、1〜2本ずつ磨く。背の低い歯や、歯ぐきの近くはななめ磨き。虫歯になりやすいのは、溝・側面・歯の間。

●小学生の磨き残しポイント
「歯と歯の間」「奥歯の噛み合わせ」「歯と歯ぐきの境目」「抜けた歯のまわり」「(噛み合わせの関係で)歯と歯が重なったところ」。大人も気をつけたいところです。

●歯ブラシ交換は1ヶ月に1回が目安
1ヶ月も経たないで毛先が開いてしまうのは、力の入れすぎだそう。心当たりがあるかも…。

●小学校高学年ごろからはフロスも活用しよう
低学年のうちは、まだ割と歯間が空いているので大丈夫とのことですが、高学年になったら習慣づけていきたいもの。無論、大人は必須ですね!

●磨く時間の目安は3分間
全ての歯を順番に磨くと3分はかかるとのお話でしたが、私は10分くらい平気で磨いています…。量より質だよな、と気付かされました。

クイズ形式で、歯のホームケアを楽しくおさらい

後半はクイズコーナー。こんな問題が出題されていましたよ。

【問題】虫歯は歯のどんなところにできるでしょう?
①歯と歯のあいだ ②歯の根元 ③つめ物と歯のすき間 ④つめ物の下

クイズの答え1
つめ物の周辺にもできると思うと、治療済みの歯もリスクが高いですよね。改めて“予防”の大切さを実感しました。

【問題】歯ブラシや歯間ブラシのほかにも、歯にいいものな〜んだ?
①ガム ②チョコレート ③ドーナツ ④ジュース

クイズの答え2
歯を丈夫にする成分の効果のほか、ガムが歯に擦れて汚れを取る役割、唾液がたくさん出て口内の汚れを洗い流す&酸を薄める役割もあるそう。さらには噛むことで脳も活性化!口寂しくなった時の相棒はなるべくガムにしよう、と心に誓いました…。

最後は質問コーナー!

子どもたちから質問コーナー
質問コーナーでは、子どもたちから先生への質問が続々と。中でも「なるほど」と思ったQ&Aを紹介します。

Q.歯磨き粉は必ず使わないとダメ?
A.歯の汚れを取る効率が上がるので、ぜひ使って!

歯磨き粉に含まれる成分の効果(汚れを浮かせて取る、歯を丈夫にする、口臭を抑えるなど)があるうえ、爽やかさも得られるので、使うのがおすすめ。付けるのは1cm程度でOK。さまざまな成分の歯磨き粉があるので、ラベルをよく見て大人と一緒に選びましょう、とのことでした。

Q.動物も虫歯になるの?
A.歯槽膿漏になる危険はあり!

動物は口内にいる菌が人間と違うため、虫歯にはほぼならないけれど、ペットに人間の食べ物を与えてしまうと歯槽膿漏になる可能性が。歯をキレイにするペットフードを与える、専門の店で歯のクリーニングをするなどして、ペットのお口の健康も気遣いたいですね。

ほかにも「夜中も開いている歯医者さんはある?」「親知らずだけ大人になってから生えるのはなぜ?」など、さまざまな質問が投げかけられていました。

お口の健康が、全身の健康に繋がる

感想を話す子どもたち

オンラインセミナーは1時間ほどで終了。
子どもたちからは「歯と口のことがよく分かりました!」「今まで歯磨きのやり方を知らなかったから、何も考えず適当にやっていたけど、これからは気をつけてやってみたいと思います」などしっかりとした感想が。

先生からも「歯と口の健康週間をきっかけに、この期間だけでなく、継続してお口の健康を守っていきましょう。自分だけではなかなか完璧には磨けないから、おうちの人にチェックしてもらったり、たまには歯医者へ行ったりしてね。食べるのは口からだから、お口の健康が全身の健康に繋がるんですよ」とのメッセージ。

最後の「食べるのは口からだから、お口の健康が全身の健康に繋がる」という言葉にグッときました…。本当にその通りですよね。

感染症を気にする日々は続きますが、歯の健康にも目を向けて、家族みんなで元気に過ごしていきたいなと実感。

よろしければ皆さまも、これを機に歯のケアを見直してみてもらえたらうれしく思います。

ライター

Writer Profile

Ayaka Fukushima

宮城県仙台市出身。夫、息子(2018年9月生まれ)と3人暮らし。これまでフリーペーパー、旅行情報誌などの編集を経験。趣味は食べること、旅行、読書、Jリーグ観戦。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top