pc-バナー_暮らしのヒント_子育て+

子供も大人もハマる絵本作家インタビュー完全版

ヨシタケシンスケさん「部屋から出ない主人公? "井の中の蛙"も悪くないよね」

全国の本屋さん3000人が選ぶ「第9回MOE絵本屋さん大賞2016」でなんと、3回目の第1位受賞、さらに『もう ぬげない』が1位、『このあと どうしちゃおう』が2位に輝いたヨシタケさん。異例の大ヒットを出し続けている、今、人気No.1の絵本作家の素顔は『絵本作家』のイメージとちょっと違う!?
でもだからこそ、新たな読者が増え続けているのかも。

今回はLEEの2016年11月号特集のインタビューの、なんと文字数にして4倍超となる完全版を、特別にお届けします。ヨシタケさん自身の子育ては? どんなお父さん? 本誌特集では2ページにおさめるために泣く泣く削った楽しいお話しをぜひご堪能ください。読者の子供からの質問の答えとして描いていただいたイラストも必見です!

撮影/米谷 享 イラストレーション/ヨシタケシンスケ 取材・原文/原 陽子
この記事は2016年10月7日発売LEE11月号掲載のインタビューの完全版です。


――日常の中で拾い集めた気づきをイラストと一言で描きとめることが、メンタルが弱い自分が世の中をおもしろがるトレーニングになっているというヨシタケさん。そのスケッチは60冊分にのぼるということですが、いつ、どんなきっかけで思いついたものなのでしょう?

2016_11y2-2r

「大学卒業後、半年間だけ会社に就職したんですが、大学が楽しかった分、会社勤めがまあすごいストレスで。どうしたら自分を守れるか、悲しいことを予防できるかと、自分なりの世界のおもしろがり方を探さざるを得なかった。それがクセになって、今に至ります。

もともとネガティブな心持ちには才能があったので、紙に描くと自分のつらさを外に出せるというか、流しびなのように『病気よ出ていけ』みたいな、ネガティブな感情をちょっとかわいくして絵と言葉で紙に定着させることで、自分が浄化される作用は結構あるんですよ。みんなもやればいいのに、と思うんですけど。

写真や文章でしか表せないおもしろさもあるけれど、イラストはビジュアルのおもしろさをいい具合に抽出して残せる、このイラストとこの言葉がつくとこのもやもやした気持ちがいちばんよく表現できる、そういうのを考えるのが好きなんですよね。

でも、ノルマを決めているわけじゃないので、自分が幸せなときはひとつも描かないし、逆に〆切の前の日とかいっぱい描いてますよ。試験の前の日に部屋の掃除をはじめるのとまったく一緒で。それが結果的にどんなことでもおもしろがることの練習になっていて、さらにそれがまとまったのが絵本、という順番です」

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

pc-バナー_おすすめの記事_ライフ+

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る