古川晶子

夫婦2人での沖縄移住生活を終えて。1年の期間をおすすめしたい4つの理由

沖縄短期移住生活、その終わりは突然に。

沖縄 短期移住

昨年3月に東京から沖縄へと短期移住生活がスタート。いつまでこの生活が続くのかなーと考えていた矢先、突如夫に東京への異動辞令が! かくして今年4月に移住生活を終え東京へと戻ってきました。

沖縄への移住も東京への帰京も、全て夫の仕事都合によるものだったため、期間は全くの未定でしたが、結果約1年で移住生活の幕を閉じました。

今振り返ってみると、この”1年”という期間が、私にとってベストだったのでは? と感じています。今、短期移住を検討している人の参考に少しでもなればと、個人的に感じた、1年間だからこその良かった点を振り返ってみたいと思います!

1.四季を感じることで、その土地をより深く知れる

沖縄 日焼け対策
人生で1番、日焼け対策を徹底しました。日焼け止め+日傘はマスト!

 

まず1年間暮らす最大のメリットは、四季を1周できること。というのも、沖縄は想像以上に暑く、そして冬は意外と寒い日も多かった!

天気予報で夏の最高気温を見て覚悟はしていたものの、沖縄は湿度も高く、照りつける太陽+ジメジメとした湿気で夏場はかなり体力を消耗しました(最高気温34℃を超えた日も)。

そうかと思えば、1〜2月は体感として寒い日もあり、必要ないと思っていたストーブがフル回転することも。

沖縄の桜
1月頃には咲き始める、沖縄の桜「寒緋桜」

 

また、沖縄の桜の開花は1月下旬頃、海開きは3月〜4月頃と、東京よりも一足も二足も早く訪れます。

年間を通して沖縄独自の行事も多く、スーパーではその時々で特設コーナーが設けられ、名前も知らない食べ物と出会う面白さもありました。

これらはネットで調べれば情報として分かることですが、やはり体験することの価値は大きく、四季を通じることで沖縄をより深く知ることができたと思います!

2.休日は常にプチ観光気分

沖縄 ソーキそば
我が家のランチの定番化した沖縄そば。写真は沖縄のソウルフード、ゆし豆腐をトッピングした沖縄そば

 

次に、休みの日は常に観光気分が味わうことができました。

1年という期間では、まだまだ目に映るものすべてが新鮮! 市場で色鮮やかな魚がずらりと並んでいたり、飲食店で沖縄民謡・島唄が流れているだけでなんだか気分が上がったり。

やちむん
一期一会感覚で買わずにはいられなかったやちむん。どれもお気に入りです!

 

注意点としては、観光気分が味わえる=お財布の紐がゆるみがち、という点でしょうか。移住期間が定まっていなかったこともあり、「次にはもう来られないかも…!」という感情による出費は多かった気がします。でも結果、沖縄を満喫できたので良しとしています。

1年あれば、行きたい飲食店や観光名所もおおよそ網羅できると思います。我が家も、コロナ禍で離島に行けなかったことを除けば、心置きなくまわることができました。

3.ちょっと長めのリフレッシュ期間に

沖縄 自然
家から徒歩約5分でこの大自然!

 

沖縄への短期移住を決めたのは、ちょうど実家の神戸から上京して10年目のタイミング。

実はこのとき、東京で暮らし続けることに若干の疲れを感じていました。人の歩く速さも仕事の速さも東京はすべてがスピーディー。東京が好きだからと、10年間頑張ってきたものの、30歳を迎え、身心ともに少しゼェゼェと息切れを起こしていました。

そんな状態にも関わらず、東京を離れるときは「仕事ができなくなるんじゃないか」「知り合いもいない土地で暮らすなんて」と、かなりの後ろ向き(笑)。

沖縄 パン屋
看板猫ならぬ、看板ロバのいるパン屋さん。のんびり、ゆっくりとした時間にこの1年癒されました

今では、あのとき東京から離れることの何をそんなに恐れていたのか、と笑えるほどに、この1年は素晴らしいリフレッシュ期間になりました。オンラインを活用したことで、仕事もまったくと言って良いほど支障を感じませんでした。

意味もなく東京で駆け足を続けていた私の場合、1ヶ月でも半年でもなく、土地にも少しずつ慣れて楽しむ余裕がでてくる”1年間”がやはりベストだったと思います。

4.元にいた場所が新鮮に感じられる

また、思わぬ副次的効果として、住み慣れた東京が新鮮に映るようになりました。

「こんなお店ができたんだ」「ファッションのトレンドが少しだけ変わってる!?」など、街も人も1年間で少し変化しているように感じられ、今はとにかく街中を歩くだけでも楽しい!

少しお疲れ気味だった東京という土地を、また新鮮な気持ちで楽しめるようになったのは、やはり沖縄でのリフレッシュ期間があってこそ。「沖縄に移住して良かった」と心の底から最も感じたのは、意外にもこの東京に戻ってきたタイミングでした。

デメリットは引っ越し代がかさむこと

引っ越し 沖縄
短期移住はおすすめ! と声を大にしたいところですが、現実問題として引っ越し代はかさみます。

我が家は夫の仕事都合のため、家計への負担はありませんでしたが、2020年3月に私1人で東京から沖縄へ引っ越した際には、約30万円かかりました(荷物は約1DK分・自動車や自転車なし)。

また長距離のため、荷出しから荷受けまで約1週間要しました。その間はホテル暮らしとなり、その分のお金もプラスされます。

ちょっと離れた場所での移住を経験してみたい、という場合なら、家具も揃ったマンスリーマンションを視野に入れてみるのもありだと思います!

沖縄1年間移住生活の総括

沖縄 海
1年間の移住生活を経験して感じたのは、日本国内であれば気軽にどこでも暮らしていけるということ。

もっと自由に住む場所も働き方も選択していいんだと、自分でガチガチに固めていた固定概念がはずれたおかげで、肩の力もフッと抜けました。もしまた東京での生活に疲れたら、今度は最北端の北海道で暮らそうかな、なんて今までにない考えもできるようになりました。これは、1年前では考えられなかった発想です。

ひとまず、新たに幕を開けた東京での新生活を楽しみたいと思います!

<これまでの沖縄短期移住についての記事>

新婚1ヶ月で夫が単身赴任、そのときどうする? 東京〜沖縄の長距離引っ越しレポ
沖縄のスーパーは驚きの連続! 移住者から見たびっくり光景4選
【沖縄短期移住フリーライターのリアル】仕事はできる? 金銭面は? 人間関係はうまくいく?

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top