子供も大人もハマる絵本作家インタビュー完全版

絵本界で異例の大ヒット!ヨシタケシンスケさん、その秘密は・・・

全国の本屋さん3000人が選ぶ「第9回MOE絵本屋さん大賞2016」でなんと、3回目の第1位受賞、さらに『もう ぬげない』が1位、『このあと どうしちゃおう』が2位に輝いたヨシタケさん。異例の大ヒットを出し続けている、今、人気No.1の絵本作家の素顔は『絵本作家』のイメージとちょっと違う!?
でもだからこそ、新たな読者が増え続けているのかも。

今回はLEEの2016年11月号特集のインタビューの、なんと文字数にして4倍超となる完全版を、特別にお届けします。ヨシタケさん自身の子育ては? どんなお父さん?本誌特集では2ページにおさめるために泣く泣く削った楽しいお話しをぜひご堪能ください。読者の子供からの質問の答えとして描いていただいたイラストも必見です!

 

2016_11y1-1

PROFILE
’73年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。絵本デビュー作『りんごかもしれない』で第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞などを受賞。2児の父。

撮影/米谷 享 イラストレーション/ヨシタケシンスケ 取材・原文/原 陽子
この記事は2016年10月7日発売LEE11月号掲載のインタビューの完全版です。


――はじめての絵本『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)が全国の書店で平積みとなり、その年の絵本賞を多数受賞したヨシタケシンスケさん。その後も出す絵本はすべて大ヒット、あっという間に人気絵本作家となりました。そのヒットの秘密は、どこにあるのでしょうか?

「ぼくはもともと絵本作家ではなくイラストレーターで、絵本作家としては3年目のペーペーの新人です。長年、大人向けの本や新聞、週刊誌で、硬い文章にイラストをつけてわかりやすく、おもしろくする、ということをしていました。

なので、絵本をつくるときにも大人が視野に入ってきてしまうし、逆に子供にしかわからないものはぼくにはわからないので、絵本ではどういう言葉尻やキーワードにすれば子供に届くか、編集の方とやりとりしながらつくっていく部分は大きいです。

30万部突破したものも!ヨシタケさんの絵本

yoshitakebook06r

 

『絵本とはこんなもんだろう』と自分だけの考えでつくると、見たことのあるものの寄せ集めにしかならないし、自主規制で表現がまとまってしまうけど、飛び出た部分を注意してくれる人がいると、安心して飛び出せる。

絵本の表現って実はわりととんがっていても大丈夫で、ちょっと柔らかくしたり表現を変えるだけで絵本として成立するのが、意外に驚きでした。大人にも子供にもわかるもの、ギリギリのラインをねらいながらつくっていることが、現時点ではよろこんで頂いているということなんだと思います」

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン