松崎のり子

Go To トラベルをたくさん使うと税金がかかるってホント?

え、補助額が課税対象?!

「Go To トラベル」キャンペーンを利用して旅行したのは、政府の発表によると約 3,138 万人泊(7月22日~10月15日の利用実績)となっているようです。特に、東京発着が対象に加わったことも数字が伸びている要因とか。旅行代金の半額が補助されるGo To トラベルは確かにおトク。複数回利用したという人もいるかもしれませんね。ところが、この半額補助について、びっくりする話を聞きました。この補助額が、なんと課税対象、つまり税金がかかる所得扱いになるというのです。「ホント?」と耳を疑いたくなりますよね。そこで調べてみました。以下は「Go To トラベル事業 Q&A 集」よりの抜粋です。

Q Go To トラベル事業を利用して旅行した場合、国による支援額(旅行代金の2分の1相当額)は課税対象になるのか。

  Go To トラベル事業は国内旅行を対象に、旅行業者等を通じて、宿泊・日帰り旅行代金の 2 分の1相当額の給付を旅行者に対して行うものであり、この給付は税務上、旅行者個人の一時所得として所得税の課税対象となります。

 

25回以上高級宿に泊まった人は…

なんと…事実でした。

トラベルの補助額は、事業や給与以外に得たお金を指す「一時所得」にあたるのです。他には懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金、ふるさと納税の返礼品なども、これに含まれます。

税金がかかるなら先に言ってよ~と慌てる人もいそうですよね。でも、ちょっと待って。まだ続きがありました。

『ただし、課税対象になるとはいえ、一時所得については、所得金額の計算上、50万円の特別控除が適用されることから、他の一時所得される金額と Go To トラベル事業による給付額との合計額が年間 50 万円を超えない限り、旅行者個人の課税所得は生じません。』

一時所得の合計が50万円以下なら税金はかからない、というわけです。GoToトラベルの補助は最大2万円ですから、50万円÷2万円=25、つまり1泊4万円~の旅行に25泊以上行った人だけが気にすればいい計算になりました(GoToトラベル以外に一時所得がなかった場合)。

ちなみに、私たちが受け取った10万円の特別定額給付金は「非課税」所得なので、どうぞご安心を。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top