津島千佳

木村佳乃さんも驚いた! “ママファースト”な企業内託児スペースが羨ましい

働くママにとって、保育園って本当に悩ましいですよね。なんとか入園できても、体調不良での呼び出しや自宅療養で2〜3日お休みしなければならないこともざら。保育園や保育士さんには頭が上がりませんが、不規則なスケジュールで働く私にとって、もう少し“ママファースト”な仕組みができればいいのに、と思っています。

そんな時“フレキシブルな保育”をコンセプトに掲げる企業内託児スペースが誕生するとの情報を得て、内覧会におじゃましました。

img_3443

働くママの負担を減らす取り組みがたくさん

企業内託児スペース『WithKids』をオープンさせたのは、IT企業のワークスアプリケーションズ。これまでも子供が小学校を卒業するまで時短勤務を認める、復職時には年俸の15%をボーナスとして支給するなどの子育て支援をしてきたそうですが、産後に復職する女性社員は少なめ。

そこで育児と仕事のどちらも思いきりできる方法を模索したところ、企業内託児スペースの開設に至ったとのこと。

img_3452
子供が走り回りやすい広々とした託児スペース。

月極3万円で延長保育料や給食費がかからないうえ、託児スペースはオフィス内にあるので一緒に出勤&登園ができます。普段は電車のラッシュ時を避けて10時出勤だけど、繁忙期は7時半出社など、子育て・ワークスタイルに合わせた保育時間のカスタマイズもOK。

この辺は正直想像の範囲内でしたが、びっくりだったのが、この2つ。

ひとつめは、おむつや着替え、シーツ類などの子供のものを施設が用意してくれるので手ぶらで登園ができること。月曜の登園と金曜の降園時の荷物が多すぎて“大荷物with子供”状態なので、本当に羨ましい。

そして栄養管理士が作ってくれた食事を子供だけでなく、親も一緒に食べられること。しかも昼食だけじゃなくて夕食も! これ、繁忙期にはめちゃくちゃ助かりますね。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン