津島千佳

保活を振り返る! 私はこれで区立保育園に入園できました

妊娠がわかった時、まず思ったのは「できるだけ早く保育園に入れないと」でした。

我が家は夫婦揃って地方出身で親を頼りにできず、共働き。そして私は働かないと収入がないフリーランス。しかも保活においてフリーランスは不利。それでも区立に入園させることができた私の保活を振り返ります。

ab790a8daac71a847b41d7e9bc184d2d_s

夫婦ともに地方出身、フルタイム勤務でも有利にならない

我が家のプロフィールはこちら。

夫・会社員、妻・フリーランス 東京都中央区在住 第一子が0歳児で入園

世田谷区ほどの大激戦区ではありませんが、区の資料によると人口は増加傾向。特に我が家と年齢の近いファミリー中心に在住者が増えている印象です。

東京都の平成28年度待機児童区市町村別の状況を見ると、中央区は263人でワースト11位。でも平成27年度から比べると、待機児童数は144人も増えており、その増え幅は東京の市区町村一です。

妊娠前から東京で保育園に入れるのは大変だとは聞いていましたが、認可と認証の違いやポイント制の意味もわからなかったため、まず区役所の保育入園係へ足を運びました。

そこで言われて、強烈だったのが2点。

(1)夫婦ともにフルタイムで働いていて、ともに地方出身で両親の手伝いが期待できなくても、有利にならない。

(2)在宅勤務のフリーランス(自営業)はマイナスポイント

都心の自治体はどこも(1)のような感じだと思いますが、それにしても……。(2)に至っては子供を見ながらでも仕事はできるとの判断からでしょうが無理。息子は夜も昼も睡眠が細切れだったので、入園前に集中してデスクワークなんてできませんでした。

見学さえできない保育園も

妊娠6カ月くらいから通える範囲の区立、認可、認証と10園以上見学に行きました。見学は見学者のスケジュール優先かと思いきや、園の都合優先で平日の午前〜昼間。会社員だと見学の時点からすでに厳しい。

見学できるならましで、予約がいっぱいで断られた園も。申し込み順位が30番台や60番台の園もざら。

こんだけ買い手市場で、子供の命を預かるというめちゃくちゃ責任ある仕事なのに、保育士さんの給料が安いって本当に社会の仕組みがわからない。

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン