わが子の「学校へ行きたくない」に親ができること

【中川翔子さんインタビュー】“不登校”を経験して・・・子どもに届く言葉選びも大切

LEE編集部

中学生のときに、いじめと不登校を経験した中川翔子さん。
母親とのやりとりや救われたこと、反発したり悲しかったこと……。当事者としての気持ちを語ってもらいました。

●この記事は2019年10月7日発売LEE11月号の再掲載です。


子どもの「不登校」に親ができることは?
「不登校」経験者、中川翔子さんにインタビュー

なかがわ・しょうこ●1985年生まれ。タレント、歌手、声優など多方面で活躍。近年は自身の経験をふまえて、NHKハートネットTV『♯ 8月31日の夜に。』などに出演して話題に。

 

母にいじめのことは言えなかった。でも、漫画を読んだり、笑い合うことで救われました

中川翔子さんは、中学生のときにいじめられて不登校に。靴を隠されたり、好きな絵を描いていたら「キモい」と言われたり……。
傷ついた中川さんですが、お母さんや周りの大人にはそのことを話せなかったと言います。

「一緒に旅行をしたり漫画を読んだり、親友のような母だったのですが、いじめのことは言えませんでしたね。恥ずかしいし、心配かけたくない。スクールカーストの底辺にいる自分は欠陥品みたいな気持ちにもなりました。

実際に不登校になってからもそれは変わらず『学校には行かない』の一点張り。『義務教育は行かないとダメなんだから行け!』『行かない』の繰り返しで、ついに怒った母がドアを蹴破り、私に馬乗りになったこともありました」(中川翔子さん)

そんな一連のやりとりの後、お母さんが見つけてきたのが、通信制の高校でした。

「できたての通信制の高校で、勉強内容や進学や就職ができるのかも、何もわからなかった。でも、スクーリングとレポート提出だけ守れば、できる範囲で自由に学ぶことができて私には合っていました。

最初はどうせ今回もダメだとふさぎ込んでいましたが、だんだんと学校に行こうという気持ちに。きっと母も、私に向いていると思って調べてくれたと思うので感謝しています。

それ以外にも母は、これまでどおり一緒に漫画を読んだり、好きなアクション映画を見たりしてくれて。笑い合える時間があるのはとてもありがたかったですね」(中川翔子さん)

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン