必要な保険・いらない保険

【保険見直し相談 プロが解決!】タイミング、パンフレットの見方など

LEE編集部

皆さんは「保険」に加入していますか?

もしものときの備えに、将来の積み立てのため、子どものことを考えて・・・と、人によって状況は様々。ですが、もし、すすめられるがまま、保険に入っているとしたら?あるいは、一度も見直しをしていない、という方、いませんか?

高い保険料を払っているのに、いざというときに使えなければ意味がありません。
とはいえ、いざ見直すとなると、「相談はどこに?」「パンフレットの見方は?」「まだ加入してないけれど、やっぱり必要?」と、疑問がわいてくるもの。

そこで、保険に関するアンケートで多かった質問を、オフィスバトン「保険相談室」代表、後田 亨さんにうかがいました。

この記事は2019年11月7日発売LEE12月号の再掲載です。


保険のプロがズバッと解決!
見直しのタイミング、パンフレットの見方・・・保険に関する素朴な疑問Q&A

LEE読者397人に行ったアンケート(※)では、保険に関する疑問や悩みも、多数寄せられました。中でも多かったものをピックアップ!保険のプロ、後田さんの回答は?
※LEEweb会員(25〜45歳)に調査

 

 保険の見直しのタイミングとは?またそのときに誰に相談すればいいですか?
(メルミさん・パート)

家族の環境が変わったときは、ぜひ見直しを。相談は、保険会社との利害関係のない相手に

「見直すタイミングは、家族の環境が変わったとき。子どもが増えれば死亡保障額を増やす必要があるかもしれませんし、自立したら解約してOKなど、その時々の状況で必要な保障は変わるので。

ただし、契約以降一度も見直していないなら、すぐにでも再検討を。相談相手は、保険販売による収入を得ていないアドバイザーに、有料で助言を求めるのが無難でしょう。独立系と呼ばれるファイナンシャルプランナーであっても、油断は禁物。代理店業務を行っていたり、金融機関のセミナー講師などで報酬を得ている場合、まっとうな助言を得られない可能性が高まるからです。

保険ショップや銀行窓口も、契約に応じて報酬を得る代理店なので要注意です。ショップなどは、入りたい保険が決まっていて、各社の保険料を比較する場合にだけにとどめましょう。ほかの保険の勧誘があれば、決まった保険以外は買わないという強い意志を伝えて」(後田 亨さん)

オフィスバトン「保険相談室」代表
後田 亨さん

保険営業に約15年従事。営業マンと顧客の利益相反を問題視し、2012年に独立。著書に『「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由』(青春出版社)ほか。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン