渡辺有紀子

保育園入園&仕事復帰までにやっておくといいこと~入園グッズや生活の準備など~

先日、1人目と2人目の保活について振り返ってまとめてみましたが、当時はつらくて大変だったことも、今となっては忘れてしまっていることも結構ありました。まとめることで「そういえばそうだった」と当時の記憶が鮮明によみがえり…。
当時のことをいろいろと思い出したついでに、保育園入園までのこの時期をどのように過ごしていたか、どのような準備をしたかを振り返りたいと思います。

保育園で使うグッズは、
1人目は母の手作り、2人目は既製品中心

まず、保育園で生活するために必要な、毎日使うグッズの準備について。1人目のときの区立園は、入園のための説明会で、布団カバーや手提げ袋、上履き袋などを「なるべく手作りで用意するように」との話があり、「園の布団が特殊なサイズなので、必ずぴったりのサイズで手作りしてください」と説明があったので、ヒーッ!と思いながらも、裁縫好きの母にすぐに電話して製作を依頼。
ちょうど育休が終わる直前に夫の海外出張があり実家に帰省することになっていたので、そのタイミングで一緒に布を選んで購入し、作ってもらいました。
あまり派手な柄にしたくないというこだわりがあり、5年くらい使うものだからとちょっとしっかりした布を選んだたのですが、そうなると布代が結構かかりました。敷き布団カバーと掛け布団カバーで、6千円くらい…。その直後、西松屋で園指定サイズとほぼ同じサイズの既製品が1000円程度であるのを見つけ、「既製品のほうが全然安い!しかも、サイズもいろいろある!」と驚きました。
実際に園に通ってみると、既製品の人もチラホラ。既製品だからといって「あ、ずるい」という思いはまったくなく、「ですよね~既製品でもよかったな~」という感じ。もちろん、母の手作りは本当にありがたく、5年間、大事に使わせてもらいましたが。

2人目のときは、1園目も2園目も私立の新しい園だったこともあり、グッズの指定は1人目の区立園のように厳しくなく、「サイズが同じであれば既製品でも大丈夫」と言われ、とてもありがたかったです。布団カバー類は1人目のときに母に作ってもらったものをお下がりで使いましたが、途中、夏に掛け布団カバーを使わない時期にどこかにしまいこんでしまったのが秋になるときに見つけられず(整理が苦手なのがばれてしまいますが…)、探すまでの間に使うため、また、1セット予備があってもいいなぁと思い、西松屋で購入しました。園によっては布団カバーにこまかいサイズ指定がありますが、最近はオーダーメイドではないネットショップでも布団カバーのサイズ展開が豊富で、既製品でも意外とあるので、忙しい方はチェックしてみてください。

母に作ってもらった布団カバーと上履き袋。2人目も使ったので、だいぶ色あせていますが…

洋服の準備も、
園によってルールがあるので注意

子ども服は、セールのタイミングで来年用の大きめサイズを購入したりしがちですが、もし、保育園用の服を買う場合は、飾りやボタン、フードがない、シンプルで動きやすい服を買うのがおすすめです。園によってルールが違うこともありますが、以下の3つはだいたいどこの園でも当てはまるのではないでしょうか。

1.下着は、つながっていないもので半袖やランニングに
股下スナップのついたロンパース肌着など、つながっているものはNGという園が多いと思います。また保育園は冬でも室内は暖房で暖かいので、「長袖肌着は暑すぎるので着せないように」と言われるので、冬でも半袖やランニング、キャミソールタイプにしています。

2.女の子もスカートやワンピースはNGなことが多い
公園遊びなどでスカートは邪魔になってしまうこともあり、女の子でもパンツスタイル指定の園が多いです。ユニクロのレギンスや、ネットショップでやわらかい素材のストレッチパンツを大量購入していました。
ただ、1人目が通っていた区立園は女の子のスカートは絶対NGでしたが、2人目が今通っている私立園は、スカートつきパンツはOKでした。3歳くらいになると「お友達みたいにスカートのついた服がいい!」と言うので、ネットで「スカッツ」を数枚購入しました。

左の無地の2枚がネットショップで買ったストレッチパンツ、右の柄の2枚がユニクロのレギンスパンツ

3.外遊び用のアウターもフードつきはNG
1人目の園も、2人目の園も、フードは子どもが引っ張って転倒してしまうことがあるかもしれないのでNGでした。外用アウターのフードもNGなんですが、冬に入ると、フードのないアウターが意外と売っていないんです! ユニクロのフリースはとても便利ですが、早めに購入しないと好みの色や柄は売り切れてしまいますし、頼れる西松屋でもフードのないアウターは売り切れてしまうのか、ほしいタイミングでなかなか見つかりません。
あと、不器用な私の場合、衣類かけにかけるためのループが最初からついているものを買いたいのですが、それもなかなかなく…。ループ、つけるのに時間がかかるので…(汗)。

1才代から着ているユニクロのフリース。フードなし、ループつき! 買い替えたいタイミングで次のサイズが見つからず、きつくてもしばらくこれを着せていました…

あと、自宅に必ず常備したほうがいいのが、名前を書くための油性ペン。保育園はすべての持ち物に記名が必要で、おむつにも1枚1枚記名、おむつを持ち帰るビニール袋にも毎日記名するので、油性ペンは必須アイテムです。
おむつや衣類用のお名前スタンプが便利そうで作ろうと思いつつ、結局2人とも、全部ペンで毎晩コツコツ記名しました。
また、私の場合、不器用なので、靴下の記名がうまく書けずに苦労しました。名前を書くスペースのある靴下は名前が書きやすく便利です。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン