必要な保険・いらない保険

【必要な保険・いらない保険】専業主婦家庭、夫が保険に入りすぎ?

LEE編集部

保険のイロハがわかったところで、いよいよ実践!

4タイプの家族の保険を、オフィスバトン「保険相談室」代表、後田 亨さんが診断。切れ味鋭いジャッジ、ぜひ参考に!

この記事は2019年11月7日発売LEE12月号の再掲載です。


プロがLEE世代の保険を診断!
Case 2.|夫・妻・子3人の専業主婦家庭・・・保険は感情で考えないのが得策!

・妻 鈴木アヤカさん(仮名)33歳:主婦、夫37歳:会社員、息子6歳、娘3歳、娘0歳
・家:持ち家(ローン残高1100万円)
・手取り年収:夫450万円
・総資産:2000万円

結婚を機に、夫婦で医療保険に入り、長男・次男出産時、教育資金のつもりで一時払い終身保険に加入。妻に収入がないので、夫に万が一が起きた際の不安が大。3人目の子どもが誕生したので、保険に新たに加入することを検討中。老後のお金も気がかりだそう。

医療保険(掛け捨て)
死亡時最高保障額3000万円 保険期間:2009年~2029年
入院日額1万円(がんの場合+5000円) 入院一時金5万円 月額1万4000円
一時払い終身保険(払い込み済み)
死亡時200万円 一時払い金額200万円
年金保険
死亡時は将来の年金の現価相当金額
保険期間:2010年~2048年 月額2万5000円
月額3万9000円
一時払い終身保険(払い込み済み)
死亡時200万円 一時払い金額200万円
医療保険(掛け捨て)
入院日額7000円  保険期間:2016年~終身 月額3000円
月額3000円
総保険料・・・月額4万2000円
夫が保険に入りすぎるのは、専業主婦家庭でよくあるパターンですね

オフィスバトン「保険相談室」代表
後田 亨さん

保険営業に約15年従事。営業マンと顧客の利益相反を問題視し、2012年に独立。著書に『「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由』(青春出版社)ほか。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン