佐々木はる菜

【フィリピン セブ島・親子留学体験記 2】どんな毎日?英語力upは?

7歳4歳兄妹と共にフィリピンのセブ島へ親子留学をするという貴重な機会をいただいただ我が家。前回に続き3回に渡ってお送りする体験記の第2弾は、現地での実際の生活の様子をレポートします!

親子共に、それぞれ頑張って英語を学んだこと自体も想い出に!

年々注目が高まっている「親子留学」の中でも特に人気の高いセブ島、私自身が是非子どもと一緒に訪れたいと思えた一番の理由は「赤ちゃんでも安心して連れて行くことができるサポート体制が整っている」と感じたことでした。

私達が通った語学学校「Kredo Kids」は親子留学専門の校舎で、0歳の赤ちゃんから大人まで年齢と語学力に応じた様々なカリキュラムが用意されています。さらに各家庭に専属の「Kaseifu-san(家政婦さん)」がついて、親子共に充実した生活を送れるようフルサポートしてくださるなど、セブ島へ親子で留学するからこそ得られると感じたメリットについてお伝えしたに続き②では、実際にどんな場所でどんな毎日を過ごしたのか、学校生活、英語力の変化についてなど、日々の具体的な様子について書かせていただきたいと思います!

空港へのお迎え、オリエンテーション…慣れない初日もスムーズに

私たちが滞在したのは、学校から徒歩圏内にある33階建てのコンドミニアム!

初日は空港で、Kredo Kidsのスタッフの方と家政婦さんが笑顔で出迎えてくださいました。学校とコンドミニアムがあるビジネスパークエリアはセブ島で一番安心・快適といわれる場所で、コンドミニアムから大通りを渡るとすぐにセブ島最大級のショッピングモール「アヤラモール」があるという生活に便利な立地。これまでセブ島というとリゾートのイメージが強かったため、あまりの都会さにびっくりしてしまうほどでした。

24時間セキュリティのエントランス。常駐するスタッフの方とも気軽に挨拶をかわせるように。
部屋にはIHコンロ・電子レンジ・炊飯器・冷蔵庫・洗濯機などの家電が備え付けられ、調理器具や食器、物干しなど生活必需品も用意されていました。

部屋にはWi-Fiがあり、携帯電話とポケットWi-Fiの無料レンタルも便利でした!

家政婦さんに一通り部屋の説明をしてもらった後は、下見を兼ねてアヤラモール内のスーパーマーケットへ。

アヤラモール内の高級スーパー「ルスタンス(Rustan’s)」。デパ地下のような雰囲気で外国人のお客さんも多く、インターナショナルな雰囲気。

翌朝、親子共に少し緊張気味で迎えた登校初日も、家政婦さんが笑顔で部屋に来てくれ学校まで送ってくれたためリラックスして学校へ向かうことができました。子ども達はさっそく授業に入りましたが、大人は午前中にオリエンテーションを受けます。学校の説明、英語のレベルチェック、滞在中の暮らしへのアドバイスや注意点、そして学校近辺やアヤラモール内を案内していただき、よく使うお店や両替所など生活に便利なスポットを教えてもらうことができました。

クリスマスシーズンだったこともあり華やかな雰囲気だったモールは、とにかく巨大!最初はわけがわからないほどでしたが、このオリエンテーションのおかげですぐにひとりで歩き回れるようになりました。

たとえ日常生活に困らない英語力があったとしても、海外の慣れない場所へ子連れで行くとなると最初はかなり緊張するもの。家政婦さんやスタッフの方のおかげで、よりスムーズに生活を始めることができたと感じています。

フィリピンは交通量が多く、着いてすぐは道を渡るのが怖かった!手で車を制するようなポーズを取りながら渡るのですが、すっかり現地に馴染んだ娘は帰国後、日本でも同じポーズをしていました(笑)

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン