上紙夏花

温泉旅館でお祝いする「七五三ステイ」/星野リゾート 界 伊東へ【前編】

七五三を温泉旅館でゆったり過ごそう!

 

我が家の次男は、ちょうど数えで5歳。七五三は近所の神社へお詣りに行って、写真館で撮影かな?とぼんやり考えていたところ、なんとも素敵な温泉旅館でお祝いができるプランがあるということで体験取材へ行ってきました!

 

 

今回訪れたのは、星野リゾート 界 伊東。東京駅から特急踊り子号に乗り、1時間46分で伊東駅に着きます。伊東駅からはタクシーで5分、徒歩でも10 分というアクセスのいい場所にあります。ご紹介するのは、1日限定1組の『七五三ステイ』というプランで最大8名まで宿泊可能な特別和室での宿泊。温泉もゆっくり楽しめるので、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に、三世代でお祝いするのも素敵ですね!

 

ウェルカムスイーツは景色のいいロビーで

 

到着してホッとひと息。大きな窓から見える庭園を眺めながら、ウェルカムスイーツをいただきました。三島にんじん入りの餡がサンドされた、どら焼きと伊東のぐり茶という緑茶、子ども用にはアップルジュースを。このどら焼きが本当に美味しくてほっこりしました!

 

 

ロビーラウンジがとても心地よい空間になっていて、日常の慌ただしさを忘れさせてくれました。コーヒーや紅茶、ハーブティーなども自由に飲めます。トラベルライブラリーが併設されていて、伊豆に関する本や絵本などがズラリと並びます。子どもたちはお部屋に案内される前にすでに夢中。借りてお部屋で読むこともできるそうですよ。

 

 

 

伝統的なつるし飾りが印象的な和モダンなお部屋

 

最上階の角部屋に位置する特別和室には、広々とした明るいリビングルームを挟んで2つのベッドルームが用意されています。お部屋に入っていちばんに目に飛び込むのは、伊東の伝統工芸である〝つるし飾り〟。

 

 

フクロウやうさぎやカメなどの動物のほかにも、着物や草履などのモチーフがたくさん飾ってあって、子どもたちは一目散でした! その下はクッションマットになっているので、ゴロンと寝転がったり、かわいらしい和柄のクッションを重ねて遊んだり……と子どもも大人もワクワクするような空間です。

 

 

このお部屋の最大の特徴は8名まで宿泊が可能で、4人ずつの2つのベッドルームがあるということ。おじいちゃんおばあちゃんと旅行に一緒に行っても、いままではお部屋が別になっていました。このお部屋なら、子どもが遊んでいる様子も見てもらえるし、リビングでゆったり別荘感覚でくつろげますよね。

 

リビング右側にもうひとつのベッドルームがあります。今回は4人だったため、カバーがかかっています。引き戸で閉めることができますよ。

 

「ちょっと疲れたから先に休むね」なっていうおじいちゃんと「まだまだ遊びたい!」という子どもの両方が気兼ねなく過ごせるお宿はなかなかないです!今回は家族4人だけだったけれど、次回はぜひ三世代で来てみようと思います。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン