堀江純子のスタア☆劇場

昆夏美さん、『レミゼ』と『ミス・サイゴン』の間ではじける新作! ミュージカル『ロカビリー☆ジャック』でいい年の締めくくりを!

“堀江純子のスタア☆劇場”
VOL.1 昆夏美さん

 

ライターの堀江純子です。仕事も趣味も、日常エンタメ漬けの私が、その魅力をお伝えしたい大好きな方、ずっと気になっていてお会いしたい方などをお招きしておしゃべりする連載を始めることになりました。雑誌のお仕事のときは、いかにスタアさんと読者の方の間に割り込まず、私の存在を感じさせずにインタビューで得た言葉をダイレクトに届けることができるか…基本、そんなポリシーを持って書いておりますが、ここでは私の存在、目線を活かして、臨場感溢れるおしゃべりを繰り広げたいと思っています。よろしくお願いします!

記念すべき第1回目ゲストは昆夏美さん。ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の情熱的なジュリエットで鮮烈なデビューを飾り、その後『レ・ミゼラブル』エポニーヌ、『ミス・サイゴン』キム…ほかミュージカル界で大活躍。小さな身体から、客席に胸にズーンと打ち込んでくる歌声に魅せられる人は多数。

実は、音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』アネモネ役での取材で親しくなり、友人としても大好きな人。年齢差のある友人だけど会えば毎回話が尽きない、ひとりの女性としても魅力的ななっちゃん。今年で4回目となった『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役で、4月帝国劇場から始まって、9月北海道公演まで。長きに渡ったエポニーヌとして生ききった日々…お疲れ様でした。お帰りお待ちしてました!

 

私は舞台が好き……一番大事にしたい感情です

こん・なつみ●1991年6月28日、東京都生まれ。
2011年9月、洗足学園音楽大学音楽学部ミュージカルコース在学中に、『ロミオ&ジュリエット』ジュリエット役に選ばれデビュー。『レ・ミゼラブル』エポニーヌ、『ミス・サイゴン』キム、『ブラッドブラザース』リンダ、『グランドホテル』フラムシェン、『コインロッカー・ベイビーズ』アネモネ、『マリー・アントワネット』マルグリット・アルノーほか、数多くの大作、話題作でヒロイン、当たり役を務め、ミュージカル界の歌姫として大活躍中。ディズニー映画『美女と野獣』プレミアム吹替版のベル役声優で、その実力をさらに広めることに。2019年を『ロカビリー☆ジャック』で締めくくった後は、2020年1月には音楽劇『星の王子さま』再演も決定。公式ツイッター@ACM_hoshi。初出演初主演の映画「ぐるり1200キロ、はじまりの旅」が2020年2月公開も控える。新キャストを迎えての2020年度版『ミス・サイゴン』は東京・帝国劇場5~6月公演。『ミス・サイゴン』公式サイト

 

――昆さん、よろしくお願いします(笑)。楽しみにしてました。

「私も、今日の取材をめちゃくちゃ楽しみにしてました!! 連載第1回に呼んでいただいてありがとうございます。いつもの、ごはん食べながらの弾丸トークみたいになっちゃっても大丈夫ですか?(笑)」

 

――もちろん!! いつも以上に根ほり葉ほりお話伺います……が! 最初に言いたかったことが。ドラマ『あなたの番です』に、マンションの室内でワニを飼っている……ってシーンが!!

「えー! それ、アネモネじゃないですか!!」

 

――そうなんです。マンションでワニを飼う美少女、アネモネ。『コインロッカー・ベイビーズ』の原作読みながら、アネモネの台詞を聞きながら、ワニをマンションで飼う図を想像してたけど、それが実写化されていて、“こういうものか”と。これは伝えなければと。

「初めて画で見たんですね(笑)。私も見たい!! DVDになったら見ます(笑)。アネモネ、大好きな役でした。懐かしい~」

 

――私も大好き。『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などで拝見してすでに好きな女優さんのひとりでしたが、アネモネでオンオフ共に、一気に昆夏美さんの大ファンになりましたよ。

「嬉しい。当時、アネモネでファンになりました、って言ってくださる女性の方が多くて。本当に忘れられない役です」

 

役と“私”はセパレートしてます

――『レ・ミゼラブル』エポニーヌは2013年から4回目。昆夏美さんの歴史において、太字になる役になりましたよね。

「今回は新しい若い方がキャスティングされていて。19歳のコゼット、20歳のマリウス…経験がないからこその、新人のフレッシュさが眩しくて、エポニーヌとして向かい合うのが新鮮でした。まだ何も色が付いてないって、こういうことか、って。まっさらな魅力を感じながら、演じていました」

 

――感覚がリフレッシュした?

「経験が付くことで、それが自分の武器にもなり、時には邪魔にもなるんだなって。自分を振り返るきっかけになりましたね。初めてエポニーヌのことを純粋な気持ちで考えたとき、自分はどう感じてたかなって、初心に返ることができました」

 

――私が昆夏美さんが好きなのは、ミュージカルにおいて、ただ“歌ってる”ではなく、すべてにおいて“演じてる”ところ。歌も台詞も、動き、表情すべてが物語っている。なのに、終演後に会えば、役を引きずってなくて、いつもの可愛らしいなっちゃんで。このオン、オフの切り替えに「プロの大女優ー!」っていつも心が叫んでる(笑)。

「いやいや(笑)。でも確かに、舞台から下りたら“私”ってセパレートしてるかな。逆に、役を引きずってる人をちょっと羨ましく思います。すぐ切り替えられる私よりも、深いところで役を見てるんじゃないか、って。でも唯一、『マリー・アントワネット』のマルグリットは、自分自身も苦しく感じたかな。恨み辛みの役で、逃げ場がなかったから。普段も若干、気性が荒くなってました(笑)」

 

ロカビリー☆ジャック

<STORY>

アメリカの片田舎のステージで歌う冴えないロカビリーシンガーのジャック・テイラー(屋良朝幸)。彼を慕うトラック運転手のビル・マックロー(海宝直人)は彼のマネージャーになり、2人はラスベガスに乗り込むが、女癖が悪く、歌に愛を込めることができないジャックは鳴かず飛ばず。自暴自棄になったジャックのもとに悪魔(吉野圭吾)が現れ、彼の成功と引き換えに、彼の中に本当の“愛”が育ったときに命とその“愛”をもらう…という契約をもちかける。悪魔と契約した一年後、スターになったジャックは、ルーシー・ジョーンズ(昆夏美)というシンガーに恋をするが……。

<SCHEDULE>

2019年12月5日(木)~12月30日(月):日比谷・シアタークリエ

2020年1月11日(土)・12日(日):福岡・福岡市民会館

2020年1月16日(木):愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

 

ロカビリー☆ジャック 公式サイト

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン