2020年は大きな運気の曲がり角!『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020』著者インタビュー

9月26日に発売された書籍『水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ366日メッセージつき 開運暦2020』

 

今年で4年目となる同シリーズは、「当たる!」「役立つ!」「面白い!」と話題を集め、累計36万部を突破する大ヒットを記録しています。

 

今回は、著書の占術研究家・水晶玉子先生に、これから迎える2020年をよりハッピーに過ごすためのヒントを教えていただきました。

 

 

2020年はいろいろな変化が起きる運気の曲がり角

 

東京オリンピックが開催され、日本中でドラマチックな出来事が起こりそうな2020年。

オリエンタル占星術で見ると、どのような年になりそうでしょうか。

 

「2020年は、オリエンタル占星術でいうと“畢宿(ひっしゅく)”の年。“畢”には“終生”という意味があり、その星の年ということは、生涯変わらないと思っていたことに変化が起こるような時期ーーある意味、大きな運気の曲がり角だと考えられます。東京オリンピックが開催されるということもあって、経済やライフラインや働き方など、様々な場面で変化の兆しを感じている人も多いのではないでしょうか。たとえば、支払いのキャッシュレス化が進んだり、交通機関の計画運休が実施されたり、テレワークを導入する会社が増えたり。そんな風に、『ずっと当たり前だと思っていたけれど、今の時代には合わなくなってきたかも』というようなことに、新しい動きが出てくる予感がします。生活の基盤に関わることだけに、大きな出来事によって瞬間的に切り替わるというよりは、あちこちで小さなことが少しずつ移り変わっていくイメージ。でも、その変化が合わさった時、世の中がずいぶん変わったと実感することになりそうです」

 

そんな1年を迎えるにあたって、心がけておいたほうがよいことは――。

 

「いろいろな変化が起きやすい時期なので、社会の動きに対しては敏感になるべきだし、ならざるを得ないでしょうね。周りの変化に『乗らなきゃいけない』『遅れちゃいけない』と焦る必要はありません。ただ、ぼーっと過ごしていると、何も知らずにびっくりしたり損したりすることがあるかもしれないので、世の中が動いているということには意識を向けて、自分なりの情報収集をしておいたほうがいいと思います。

一人一人の生活においては、“これから長い時間をかけてやっていきたいこと”を見つけるのにぴったりの年。これも、運命的な出会いが待っているというよりは、あれこれ試行錯誤する中で『もしかしてこれかな?』という道が見えてくることが多そうです。やる前から『私には無理!』『それはダメ!』と、ばっさり切り捨ててしまうのはもったいない! 失敗しても続かなくてもいいから、とにかく始めてみることが、幸運をつかむための第一歩ですよ」

 

ライター

Writer Profile

Kozumi Fujimoto

1979年、兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。趣味は観劇&リラクゼーションスポット巡り。おいしいもの好きの夫、パワフル派の4歳長男、おっとり派の0歳長女との4人家族。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン