いい節約・悪い節約

お得のつもりが無駄遣い!?【やりがち節約習慣】あなたはいくつ当てはまる?

LEE編集部

消費税10%への増税もいよいよ。「家計の無駄をきっちり省いて節約したい」という気持ちは高まるばかり。

でもちょっと待って!

あなたがよかれと思ってやっている、その行為、実は貯蓄につながるどころか、出ていくお金を逆に増やしてしまっているかも!?

自身も節約の鬼である、消費経済ジャーナリストの松崎のり子さんが「真の節約」について目からウロコの正しい知識をお教えます!

この記事は2019年5月7日発売LEE6月号の再掲載です。


消費経済ジャーナリストの松崎のり子さん熱弁
「節約好きの貯め下手」を脱出したいなら今すぐ見直しを!

「節約」や「お金の貯め方」について執筆し、自身の徹底した「お金を使わない習慣」についても多くの取材を受ける松崎さん。

今の世の中は、いかにも私たち消費者が得をしそうと思わせる耳障りのよい文句やサービスにあふれていますが、そのすべては私たちにお金を使わせるためのもの。

つまり、『一見節約に見えるけれど、結果的に支出を増やす』ことにつながってしまうんです!

そんな『お得の罠』に踊らされることなく、手元のお金を減らさないための最善の方法をいつでも的確に選べるようになってほしいと思います

特に気をつけたいのは“損をしたくない”という気持ちが先行しすぎる状況に陥ったときだそう。

まずは、自身の習慣をチェック!

「やりがち節約習慣」Check List!

1.「3品で10%オフ」なら、3品買わなきゃもったいない!

2. スーパーで食材を買うとき「安い」という理由だけで飛びつきがち

3. ネット通販で買い物する際は、必ず「送料無料」になるまでポチる

4. 自分がよく行くエリアにあるお店のポイントに絞って貯めている

5. 割引クーポンの期限が迫っていたら、必ずクーポンを使う

6. クレジットカードは、割引やポイント目的で1~2枚に絞って所有している

7. 保険料など、まとめて払える固定費は「年払い」にしている

8. 自分の年代の平均額に合わせて、多少無理しても積み立てしている

9. 外食しがちな夫の小遣いを多く、妻の小遣いを少なめに設定している

10. 専業主婦だけど「ふるさと納税」がお得と聞いて、やろうとしている

松崎のり子さん
取材歴20年以上の消費経済ジャーナリスト。「節約愛好家 激★やす子」のペンネームでも日々節約アイデアを研究・紹介している。著書に『「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない』『定年後でもちゃっかり増えるお金術』(ともに講談社)など。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン