上紙夏花

【ママの台湾プチ留学/グルメ編】 安くて美味しい!台湾美食に“使える”中国語

語学レベルアップと美味しいものを食べまくる旅!

 

台湾の桃園空港。オブジェが斬新ですね。

 

8月の中旬に、台湾へ8日間のひとり旅に行ってきました!成田空港から桃園空港まで、飛行機で約4時間弱。時差はマイナス1時間。治安も良く、22時ごろまでひとり歩きしても比較的安全ということもあって、食べ歩きメインの0泊弾丸ひとり旅も流行っているようです。今回は利用していませんが、LCCで安いチケットを探すと、往復で15000円ほどで行けるというから、常に旅先ランキングの上位に入るのも納得ですね。

 

私は10年以上前から、日本で中国語を勉強していました。にもかかわらず、中国語圏へ一度も行ったことがありませんでした。結婚、出産、子育てとなかなかタイミングがつかめずに、勉強するモチベーションが低下してなかなか中国語が上達しない日々。子どもたちが大きくなったらいつか留学したいなと思っていました。でもまだ、9歳と4歳の男児ふたりを置いて、ひとり旅だなんて無理だと諦めていたのです。

 

でも今回、主人が「家のことは俺に任せて、誕生日プレゼントとして〝台湾プチ留学〟行ってきていいよ!」と、ものすごくありがたいことを言ってくれたので、遠慮なく楽しんでくることに。(実際は、私がいない間、家の中は大変なことになっていたようですが……そのことは後日、改めてレポートしますね)

今回の目的は大きく2つ。ひとつめは、中国語を短期留学でレベルアップさせること。語学留学を専門に扱うツアー会社から、台北にある、国立台湾師範大学 国語教育センターでの中国語短期集中コースを申し込みました。7泊8日のうち6日間は、朝9時から16時前まで学校です。「勉強のことだけ考えられるって、なんて贅沢なの!」と思いました。勉強が嫌いだった学生時代の私に聞かせてやりたいセリフですね(笑)。滞在先は敷地内の学生宿舎。40歳を過ぎて、2児の母で……まさかこんな、学生気分を味わえるとは思ってもみませんでした。(学校での様子はまた別の記事で!)

 

いきなりですが、学校最終日の終業式の写真です。教えていただいた先生と。

 

目的のふたつめは、台湾グルメを思いっきり楽しむこと!朝学校が始まる前と、授業が終わった夕方からという限られた時間ではありますが、効率よく動いて美味しいものを食べようと心に決めていました。安くて美味しい夜市の屋台、ローカル店の朝ごはん、小籠包の食べ比べなどなど、行く前から情報収集してワクワク。今回、台湾(台北)で食べた美味しいごはんをご紹介しつつ、行ってわかった台湾の常識や、お店でのオーダーに役立つ簡単な中国語などなどを書いてみようと思います。台湾旅行の参考になればうれしいです。

 

 

初日に買おう!台北地下鉄(MRT)のICカード

MRTの駅に設置されている、コイン型の切符とICカードの悠遊カードが購入できる券売機。日本語での表示が可能です。この機械でチャージもできます。

 

 

台北はタクシーも安い!(初乗り70元=約202円※このときのレート1元=2.88円で計算)比較的タクシーはたくさん走っていますが、地下鉄だとさらに安くてとても便利。(初乗り20元=約58円)観光にも食べ歩きにも地下鉄がオススメです。私は宿舎についてすぐに、地下鉄に乗るためのICカード「悠遊カード」を買いに行きました。中国語では「悠遊卡(ヨウヨウカー)」と言って、このICカードで乗車すると、コイン型のトークン(当日しか使えない切符のようなもの)で乗るよりも運賃が2割安くなりますので、初乗りだと16元=約46円で乗れます。

 

台湾の形をしている、キーホルダータイプの悠遊カード!中正記念堂や台北101などの名所やタピオカミルクティーなど、台湾の特色が描かれています。たしか、150元だったと思います。

 

で、この悠遊カード、カード型じゃないものがあるんです。私が購入したのはこちら。キーホルダータイプのものです。駅にある券売機で買うと普通のカードしかないのですが、セブンイレブンに行くと、キャラクターものから立体的なものまで、バラエティに富んだデザインの悠遊カードがたくさん売ってます。 レジで次の文を言ってみましょう!

 

<Lesson.1> 悠遊カードをください→ 我要悠遊卡。(ウォヤオ ヨウヨウカー)wŏ yào yōu yóu kǎ

 

「ヨウヨウカー」だけでも伝わると思います。店員さんが悠遊カードがたくさん入った箱を出してきてくれて、ゆっくり選ばせてくれました。日本のSuicaやPASMOと同じように、セブンイレブンをはじめとした多くのお店で電子マネーとしてこの悠遊カードが使えるので、多めにチャージしておくと便利です。私は8日間の滞在で500元で足りました。キーホルダーなら日本に帰ってからも普段使いできるし、お土産として買って行って、お友達を次回の台湾旅行に誘うのもいいですね。

ちなみにMRTは、全てが各駅停車です。乗り方地下鉄駅構内や車内は飲食が一切禁止(ガムも水もNG)ということもあってか、とても綺麗でした。しかも、電車が入ってくるときの音楽とかアナウンスが穏やかで静か!日本もこうだったらいいのになって思ってしまいました。

 

レンタルサイクルサービス「YouBike」。至るところにサイクルポートがあります。「駅近いよ!」と台湾の人に言われても、徒歩15分だったりするので、MRTに乗るほどでもないけれど…という距離には重宝しますね。

 

レンタル自転車にもこの悠遊カードが使えるのですが、台湾の電話番号を入力する必要があります。電話番号がない場合は、クレジットカード決済で利用します。こちらも活用してみてくださいね。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン