家計の「ぬきドコロ」「かけドコロ」

あなたのお金意識、古くありませんか?今すぐお金マインドを変えないとまずい3つの理由&目的別サイフ使い!

LEE編集部

消費税増税のみならず、人生100年時代の私たちは、お金に対する意識も更新していかなくてはまずい!?

多くの人が陥っている「昭和マインド」のお金意識について、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに取材。

節約&貯金さえ頑張れば安泰の「昭和マインド」から、お金を上手に守って増やしていく「令和マインド」にシフトして、「使う・貯める・増やす」3つのサイフをフル活用していきましょう!

この記事は2019年8月7日発売LEE9月号の再掲載です。


今すぐ更新すべき「お金マインド」
お金の意識が“昭和時代”で止まっていませんか?

「皆さん、もう令和時代なのに、お金の意識は2つも前の昭和時代のままではないですか?」と山口さん。

「昭和は節約と貯金だけで人生安泰だった時代。給料は右肩上がりで終身雇用が基本。退職金をしっかりもらえ、預金金利は高く、老後資金の心配はありませんでした」(山口京子さん)

お金の「昭和マインド」って?

» 節約&貯金「さえ」頑張れば人生は安泰


その背景にあるのは……
右肩上がりの給料&終身雇用
定期預金の金利が8%(昭和49年、郵便貯金・定額貯金3年以上の場合)
女性の平均寿命が72.92歳(昭和40年生まれの0歳児の場合)

「ところが今はどれも崩れ、時代は大きく変わっています」(山口京子さん)

では、なぜマインドだけ、昭和のまま止まっている人が多いのでしょうか?

「お金の教育って受ける機会がほぼないんです。昭和を生きた親世代から聞いたお金の話が刷り込まれて、そのまま上書きされないんですね。
親に『貯金しときなさい。投資なんか手を出しちゃダメよ』と言われたことはありませんか?それは金利が高く、貯金と貯蓄型保険でお金を十分増やしていけた時代の話なんです」(山口京子さん)

ファイナンシャルプランナー
山口京子さん

フリーアナウンサーから上京を機にFPに転身。家計管理から資産形成まで幅広くアドバイスを行い、テレビ、ラジオ、雑誌、セミナー等で活躍中。『お金に泣かされないための100の法則』(主婦と生活社)の監修も。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン