映画ライター折田千鶴子のカルチャーナビアネックス

【草彅剛さん×市井昌秀監督】『台風家族』の銭ゲバ家族大バトルに泣いて笑って感動!?

祝!『台風家族』公開!!

待っていました(LEE副編集長、嬉し泣き)!! 遂に快作『台風家族』が、嬉しいことに公開されます!! 主演は、役者としても常々高く評価されてきた草彅剛さん。草彅さんが演じるのは、なんとクズ男の小鉄。どれくらいクズかと言えば、兄弟姉妹で遺産相続争いを繰り広げ、弟や妹を出し抜こうと下手な芝居を打ったり、それがバレるや開き直り、娘にまで見下されるような銭ゲバ男なんです。ところが最後には、ほろっと涙があふれ出てくる展開が待ち受けるのです。その感動の正体とは一体!?

自身のオリジナル脚本で、そんな“奇蹟”をまたも起こしてくれたのは、『箱入り息子の恋』『ハルチカ』など、長~く根強い人気を誇る作品を撮って来られた市井昌秀監督です。

いかに“世界一クズ一家”の物語を、“奇蹟の感動”に持ち込めたのか、主演の草彅剛さん、監督の市井昌秀さんに、現場・裏の裏話を教えていただきました!

1 / 3

左:草彅剛
1974年7月9日、埼玉県出身。91年にCDデビュー。主な映画出演作に『黄泉がえり』(03)、『ホテルビーナス』(04)、『山のあなた 徳市の恋』(08)、『あなたへ』『任侠ヘルパー』『中学生円山』(全12)など。ドラマにも多数、出演。17年9月に「新しい地図」を立ち上げ、活動を開始。映画『クソ野郎と美しき世界』(18)の中の一篇『光へ、航る』にも主演。最新映画出演作は『まく子』(19)。舞台でも精力的に活躍。

右:市井昌秀
1976年、4月1日、富山県出身。漫才グループ「髭男爵」元メンバー。自主映画『隼』(04)、第2作目の『無防備』がぴあフィルムフェスティバルで数々の賞を受賞。『無防備』は釜山国際映画祭のコンペティション部門グランプリ受賞。商業映画第一作『箱入り息子の恋』(13)で主演の星野源は日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。他に『僕らのごはんは明日で待ってる』『ハルチカ』(共に17)。連続ドラマ「サウナーマン~汗か涙かわからない~」が放映中。

写真:菅原有希子

――まずは『台風家族』の撮影舞台裏は、どんなことになっていたのでしょう?

草彅「とにかく暑くて過酷な現場でした。民家を一軒、借り切っての撮影でしたが、冷房もきかず、氷で首を冷やしながら、みんなで助け合って撮影して。一転、森でのシーンは、熱中症になりそうな暑さが嘘のように、いきなりストーブを炊いて(笑)。そういう暑さ寒さ、苦楽を共にすると、人間、すごく仲良くなるんですよ。役者同士も台詞のキャッチボールが出来るようになったというか、自然とお互いの間が取れるようになっていて、それが作品に出ているな、と思います」

市井「民家の門のあたりにテントのような屋根を張ったのですが、俳優部もずっとそこに居てくれたんです。技術部と俳優部の距離が、こんなに近い現場は初めてでした。実際には風も吹かず暑かったですが、関係性の風通しはすごく良くて。しかも、借り切った民家が主な舞台なので、順撮りが容易に出来たのも大きかったですね。すごくいい現場だなぁ、と思いながら撮影をしていました」

 

『台風家族』
監督・脚本:市井昌秀  原作:市井点線「台風家族」(キノブックス)
出演:草彅剛、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子、若葉竜也、甲田まひる、藤竜也ほか
配給:キノフィルムズ
ⓒ「台風家族」パートナーズ
9月6日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
銀行から2000万円を強盗し、失踪したままの両親の“仮装”葬式をするため、鈴木家の兄弟姉妹が10年ぶりに帰省する。なぜか現れない末っ子・千尋(中村倫也)不在のまま、空の棺桶を前に葬式を済ませる。ところが相続について話し合いを始めた矢先、長男・小鉄(草彅剛)の発言で、遺産争いが勃発する! そこへ長女・麗奈(MEGUMI)の彼氏という若い男・登志雄(若葉竜也)が現れ、さらに千尋も現れたことで別の珍騒動が始まる――。

――12年も温め続けた作品ということですが、小鉄役に草彅さんをアテ書き(役者を想定して脚本を書くこと)されたそうですね。

市井「これまでたくさん草彅さんのドラマや映画を観てきて、意外と小鉄みたいな“日常に転がっていそうな小狡い男”ってやられていないな、と思ってたんです。その人間臭さを草彅さんがやったら面白い、僕が観たい、という思いが筆を進ませてくれました。実際には、想像以上に小鉄というキャラクターを膨らませてくれました。その“はみ出した部分” がすごく素敵で、草彅さんで、良かったなぁと思っています」

アドリブは……ほぼ全てです(笑)!(by草彅)

――兄弟姉妹、その連れ合いも含めて丁々発止を繰り広げる、テンポの良い掛け合いが、ライブ感もあって、でもどこか緩くて、すごく面白かったです。結構、アドリブの多い現場だったのでしょうか?

市井「アドリブというより、僕自身の演出も現場でどんどん変わりますし、現場で生まれたものが多かったですね。例えば殴り合いのシーンで、一鉄(鈴木家の父/藤竜也)が、“あ、ちょっと待って”と隙を見せておいて小鉄を殴る、というのも現場で生まれました。父・一鉄にも小狡いところがあって、それを小鉄に対してやったら面白いんじゃないかなと、段取りやリハーサルで2人を見ているうちに浮かんできたんです」

草彅「また藤さんのパンチが、いきなりで速いんですよ。しかも横からくるかと思っていたら、真正面に縦に入って来て」

市井「そういう風に、常に現場で生まれるものを大事にしたいな、と思ってやっています。画面に映っていないところで兄弟げんかをしていたり、海でのシーンは台詞も決め込んでいなかったり。それらはほぼアドリブで撮っていて、面白かったですね」

草彅「僕は基本、台詞を読んでいないので、周りの人の台詞の後にちょっと間が空いたら、あれ、俺の番だったかな?と思って、こんな風なこと言うんじゃなかったっけ、と言う感じなんです。ただ熱中症で倒れる前に1発で決めたいから焦りもあって、すごいキョドっちゃって。それが絶妙に小鉄になったというか(笑)」

監督「(爆笑)!!」

草彅「だから、僕はほぼすべてアドリブです(笑)。小鉄が踊り出すシーンも、監督が事前に打ち合わせを求めて来たのですが、暑くて早く帰りたいから、“考えておきます、大丈夫です”と言って誤魔化して。でも、監督がすごく楽しみにしていて、何度も聞いてくるから段々プレッシャーになってきて……。焦りながら本番を迎えたのですが、焦りながら踊る小鉄っていう小鉄っぽさも、偶然が招いた産物です」

1 / 3

美味しい役をいただいた幸福感

――観ながら“もう、本当に嫌!”と顔をそむけたくなるくらい、小鉄のクズっぷりが現れているシーンも多々ありますが、こんなクズ男を演じるのは、どんな感じでしたか?

草彅「すごく楽しくて。いろんな面を持つ人間の、“クズ”な面が誇張されている役、そのクズさが人間っぽくて共感できたりもするので、演じる分にはすごく面白い。パンツの中に必死で小銭を入れようとしたり、お坊さんにいきなり“檀家からお金を巻き上げてるんだろう”と言い始めたり。もう、メチャクチャ笑いそうになっちゃって(笑)!! 美味しい役をいただいた、という幸福感もありました」

 

――最後の感動を大きくするためにも、クズである、を徹頭徹尾守り抜かなければならない役でもありますよね。

草彅「そこは監督が厳しかったですね。1円でも多く遺産をぶんどってやる、という小鉄の姑息なプランを、上手くやり過ぎてもちょっと違うよ、剛君、と言われたこともあって。もう少し普通な方が、嫌な感じに逆に見えるとか、その辺にすごく気を遣われていました」

市井「当然、登場するキャラクターみんな大好きなんです。僕自身に最も近いのは小鉄だけれど、末っ子の千尋も僕にすごく近いな、とも思っていて。全員にキャラクター表を渡したのですが、やっぱり小鉄と千尋の2人は、過去が容易に想像できちゃうので、すごく多くなっちゃって(笑)。でも他のキャラクター、それこそネットに書き込んでいるような人々も含めて、なんやかんやみんな僕なんだな、と思っていて。汚い部分やダークな面もひっくるめて自分だし、人間ってそういうところがあるじゃない?と、すごく愛おしく思うんです」

小鉄の妻≒監督の奥様!?

――小鉄のクズっぷりに対して、妻の女神っぷりがステキ過ぎますよね! そこには、監督自身というより、監督の奥様が投影されているのでは?

草彅「小鉄のことを好いてくれていて、娘に屋根裏で“でも、あの人はブレないのよ”って言うシーンとか、本当にすごい、いいよね。また監督の奥さんが、美人で。ゾンビ役で出演されていて。絶対に小鉄の妻は、監督の奥様と似てるな、と思います」

市井「確かに、なんだかんだ動じない妻というのは、うちの妻の話でもあり、すごく妻の感じが出ているのかな。自主映画の最初の頃から一緒にいて、支えてきてもらっているので、本人には言ってないですが、何かしら投影されているな、とは思います」

1 / 3

草彅「あんな美人な奥さんと一緒に居て、同じ夢に向かって走っている監督が羨ましい。僕、奥さまからお手紙をもらっちゃって。“うちの主人が、この映画をどれだけ温めて来たか”、“夫がすごく愛している作品を、一緒に作ることができて、ありがとうございます”って。本当にいい夫婦ですよね。また真千子ちゃん(妻役の尾野真千子)も、すごく可愛くて。真千子ちゃんがこの映画に出るって聞いて、脚本読まずに僕も出るって決めたからね。真千子ちゃんとは『クソ野郎と美しき世界』でも共演したんだけれど、居るとすごく安心できて。夫婦役で良かった!」

――家族って面倒だけれど、根っこの部分で離れられない、やっぱり悪いものじゃないな、と思わされます。

草彅「撮影現場は暑かったけど、この家族愛も熱いぞ、ってところを観て欲しいな(笑)。小鉄は父・一鉄に対して、ずっと許せない、でもなんか気になっている。弟や妹に対しても、昔とは違う関係性になっていたり、大人になってそれぞれ家庭を持って立場があったりするけれど、一人一人に対する気持ちも、じんわり伝わって来て。家族のごく日常にありふれた小さないざこざ、互いに感じるコンプレックスとか。そういうものをひっくるめて、じんわり伝わってくるのが面白くて、微笑ましくて、良くて。最後はホロッとしますから」

雨の中の小鉄。この辺りから、少しずつ小鉄の別の面が見え始めます。草彅さん、渋い!

市井マジック、炸裂!

――終盤の展開は、もう、ハチャメチャですよね! でも、それが妙に清々しい。

草彅「みんなで一生懸命“あるもの”を追いかけるシーンが、僕は本当に好きで。やってる時は、“え~!?後でCGかけるのかな?”って思ってたら、そのまんまかよ!と(笑)」

市井「ハハハハハ(爆笑)!」

草彅「でも、そんなの知ったこっちゃないぞ、という市井監督の気持ちが、マジックかけているな、と。みんなで海にたどり着く――リアリティとファンタジーが混じっていて、人が海に還っていくという、すごく深いものを分かって欲しい。昼間はあれだけ遺産争いをしていたのに、みんなで朝陽を見ている、あの気持ちね。順撮りだったからこそ、みんな気持ちが入っていて」

市井「うん、うん(ニコニコ)」

草彅「僕も45歳で、実際に、父ちゃん母ちゃんに会うたびに“年取ったな”って思うから、最後のああいうシーンが、すごく響いてきて。いい映画だなぁ、としみじみ思いました。やっぱり、監督の緻密なホン(脚本)が、人の心を動かすんですね! 公開までに、監督にいただいた原作も読まなくちゃ(笑)」

市井「読まないで観て欲しいけれど、やっぱり小説も読んで欲しい! 映画を観てから、ぜひ、小説も読んでください!」

『台風家族』(市井点線著 1620円/キネブックス)は、監督+妻の市井早苗さんの市井点線名義で公開待機中に出版。 「『箱入り息子の恋』をLEEの映画欄で紹介したのをきっかけに市井監督のファンに。何度観ても泣ける青春映画の佳作『ハルチカ』以来、しかも監督オリジナル脚本の本作を心待ちにしていたので、小説版は予約開始と同時にポチって、届いたその晩に読破しました。小鉄のクズっぷりに呆れて、泣いて笑って一気読み。本当に、本当に公開が決まってよかった…(泣)」とLEE編集部HT子。ちなみに公開が決まった今、ストーリーを知らずに映画を観る楽しさもたまらないだろうなぁ……とも。小説版には、よりディテールが書きこまれている部分も多いので、読んでから観るか、観てから読むか。映画も小説も両方必須なのは変わりませんが、おおいに悩んでご堪能くださいね。

 

 

一気読み必死の原作本も、おススメです!

お話にも出てきましたが、草彅さんの“クソミソダンス”も、必見です! しかもかなり長い時間、踊らされているのも、監督がそれを気に入ったからだろうな、と思いつつ、その舞台裏を知ると余計に楽くなってきませんか(笑)!?

そして何が感動に結びつくのかは、ネタバレになるので言いたいけれど、言えないのですが、本当にこの家族が愛おしくなってしまう!! 俳優陣の絶妙な掛け合いも最高です!

笑ってほろりと泣けて感動が待ち受ける、映画『台風家族」、ぜひ劇場で大いに声を上げて楽しんでください!

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top