津島千佳

台湾の「富錦樹台菜香檳」日本上陸! オーナーに聞く、新型レストラン誕生について

再開発が進む日本橋に新たに誕生するランドマーク「コレド室町テラス」。蔦屋書店が参考にしたことでも知られる台湾の「誠品生活」が中華圏以外で初出店するほか、もう一つ台湾で注目を集めているレストランが日本初上陸します。それが「富錦樹台菜香檳(フージンツリー タイツァイシャンピン)」。

もともとアパレルのセレクトショップから始まった企業が手掛けるレストランで、これまでのタイワニーズレストランにはない雰囲気のいい空間で食事を楽しめると「ルイ・ヴィトン・シティ・ガイド」でも必ず訪れたいレストランとして紹介されたほど。

今回は「富錦樹台菜香檳」を手掛ける「富錦樹(フージンツリー)グループ」の代表であるジェイ・ウーさんにインタビューを実施。台湾のライフスタイルシーンを変えた彼に、お店のことをはじめ、様々なことを伺います。

「富錦樹グループ」代表のジェイ・ウーさん。

街全体の雰囲気も大切にしたいから非商業エリアに出店

ーー「富錦樹グループ」のお店がある「富錦街(フージンジエ)」は、もともと米軍兵の居住エリアです。なぜ商業エリア以外に出店したのでしょうか?

商業エリアに出店すると商売は成り立ちやすいですが、たくさんあるお店の中に埋没してしまうデメリットもあります。誰も気づいていない場所にお店があったら話題になるかな、と思ったのが大きかったですね。

緑に溢れ、ゆったりとした空気が流れる富錦街の街並み。

店作りにおいては街全体の日当たりや空気感、緑などの環境も大事にしています。台北に希望に叶うエリアが2つあり、富錦街は台北の市街地からもわりと近いし、駐車がしやすい。それに僕がこの街に住んでいて、いいところなんです。だからここに決めました。

ーー最初はアパレルのセレクトショップ「Fujin Tree 355」から始められました。ジェイさんがショップをオープンするまで、台湾の方のファッション感度はどのようなものでしたか?

「Fujin Tree 355」を始めたのは、僕も日本人の妻も台湾で自分の好きなテイストの洋服や雑貨を買うことができなかったから。台湾の特に男性はファッションに興味を持たなくていいという教育を受けてきました。最近でこそ解禁する方向になってきましたが、学生は基本的に坊主ですし、兵役もあるから20歳になっても坊主。そういう背景もあって、ファッションを楽しむ土壌がありませんでした。

「オーラリー」などの日本ブランドやヨーロッパのブランドに加え、オリジナルアイテムも揃える「Fujin Tree 355」。

ただ、ここ5〜6年で様々なお店が増え、男女ともに感度は上がってきたと思います。センスもだいぶよくなってきているので、ファッションに関しては伸びしろを感じています。

ーー富錦街に「ビームス」や「ユナイテッドアローズ」、「ジャーナルスタンダード」なども誘致されています。なぜ、日本のセレクトショップだったのでしょうか?

銀座はスーツ姿のビジネスマンが多いのに、原宿には奇抜なファッションの若者がいる。日本はエリアが違うとスタイルも変わるくらい選択肢が多く、様々なテイストが共存しているのがおもしろい。日本のファッションはパリやロンドンに並ぶくらい世界でもセンスがいいですし、アジアの人々にもっと広まってほしい。それに選択肢が多い方が、より美的感覚も磨けると思いませんか。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

FOODをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン