子どもが騒いで「イラッ」。怒りそうになったら思い出したい20のこと

家族やお友達とフードコートへお出かけ。楽しい時間を過ごしたいのに子どもが走り回ったり、騒いだりして怒ることに。でも、怒っても子どもの行動は変わらず、親も周りもいい気分ではありません。怒らなくても済む気持ちのもっていき方、子どもへの働きかけを覚えておきましょう。
読者アンケートから見えた「つい、怒ってしまうこと」。その処方箋をプロ2人に教えていただきました。

LEE読者246人に「子どもを怒っちゃう」アンケート

Q1 フードコートなどで子どもを怒ってしまうことはある?

大きく分けて、怒る、怒らないが半数ずつ。意外に?冷静な人も多かったLEE読者。今回の特集で「よくある」が「時々」に、「あまりない」も「まったくない」になれます!

A:よくある 7%
B:時々ある 18%
C:たまにある 25%
D:あまりない 30%
E:まったくない 20%

Q2 フードコートなどで怒ってしまう原因は?(複数回答可)

1位や3位は、いつもは同じことをされても落ち着いていられるはずなのに、たくさんの人の目がある場所だからこそつい、のパターン。何度注意しても繰り返し同じことをされるうちに怒りが大きくなって……は、実は伝わらない言い方をしているのも一因かも?

1位 体力的、精神的に余裕がない 92人
2位 子どもが何度も同じことをする 79人
3位 周りの目が気になって 28人
4位 怒ることは必要なことだから 22人
5位 カッとなったら抑えられない 15人

Q3 子どもに対して「怒りすぎ」だと思う?

半数近くの人が怒りすぎ、つまりできればもっと怒らず、穏やかに子どもに接したいと思っているという結果に。怒りすぎと答えた人は、Q1の「怒ってしまう」人ともリンク。

A:そう思う 16%
B:ややそう思う 28%
C:人並程度 38%
D:思わない 18%

Q4 子どもを激しく怒っている親を見て、どう思う?

「わかる! お母さんたいへんだよね!」と共感が多数。
ただ、子どもをほったらかしはダメだけど大声でののしるように怒る親には不快感、という声も。今回お話を伺った2人のプロによると、大きい声で怒るのは効果がその場限り、だんだん効かなくなる、子どもを刺激して逆効果、とのことで、あまりいいことはなさそう。

 

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン