飯田りえ

子どもと一緒にスター・ウォーズの世界へ!大展覧会へひと足お先に行ってきました!

200点もの貴重なコレクションに、大人も子どもも大興奮!

圧巻ですね…。映画の中のヒーローたちが目の前にいるなんて。映画で実際に着用した衣装や小道具、模型やコンセプトアートなど、200点ものボリュームで展示されています。「こうやって比べると、やっぱ昔のシリーズより新シリーズのストームトルーパーがかっこいいー!!」と長男。次男はR2-D2、BB-8などかわいいドロイドに夢中です。

今回、初公開のイラストや原画も多く展示されていて「ジャバ・ザ・ハットって最初こんなのだったの?!」とキャラクターたちの変遷を辿りながらみるのも楽しみの一つです。

ヒーローたちを通して、”親”としての自分を省みることに…

アーカイブディレクターのレイラさんより展示物の紹介の時にお話がありました。「今回の展示にあたって、人間のアイデンティティーを3つの角度から捉えています。1つ目は起源、私たちはどこからやって来たのか。2つ目は影響、誰に何の影響を受けて育っていくのか、3つ目は選択。大人になってどんな選択をしていくのか。」この3つの切り口で展示されていくのですが、そこがまさにインタラクティブ、自分に跳ね返ってくるのです。
私が見事に反応したポイントが、2番目の”影響”の展示。「アナキンは応答性で自由に育てられ、ルークは要求性によって厳しく育てられた」自由に育てられたアナキンだけど、結局は悲しい出来事によってダークサイドに落ちてしまうし、厳しく要求されながら育てられたルークだけど、結果、伝説のジェダイになるなんて。親の育て方がアイデンティティーの形成に大きな影響を与えるのはわかってはいるけれども、その後のほかの人や出来事による影響や、自分たちの選択によっても大きく変わってくる。結局、親の思った通りにならないなら…と目の前にいる子どもたちを見ながら、頭の中で様々な思いがグルグル。男児を育てる母として、とても興味深い内容でした。

探求するポイントは人それぞれ違うと思いますが、思わず自分に置き換えて考えさせられる、問いかけがそこかしこに点在しているのです。これによってグッと自分との距離が近くなり、よりスター・ウォーズに入り込める感じに。これまでは作品としてただ楽しむだけでしたが、この展覧会を見た後では、映画の見方が変わってくるだろうなぁと。

クライマックス!完全に世界観に入り込んでしまった

男子たちはここのコーナーに釘付け。なかなか離れません…というのも、あまりにも迫力ありますね。自分が銀河の中で、まるでミレニアム・ファルコンに乗っているかの様な錯覚に陥りました。長男がボソッと「レゴのファルコン、壊れたままだから帰ったら直そっと」思い直してくれてよかった(笑)

時間が足りなくて最後は駆け足で進んでしまいました。これは改めて見に来なければ!

最終的にどんなキャラクターができたかと言うと、下の写真の通り。(それぞれ大好きなチューバッカやイウォークをベースにしたレジスタンスで、二人とも師匠は大好きなハン・ソロでした)これらはスクリーンに映像として映し出されるだけでなく、メールやSNSに送ることができ、そこには詳しい性格やバックグラウンドなどが書かれていました。見た目や色だけを変えるのではなく、アイデンティティーとして自分が投影されたキャラクターが作れるなんて。それぞれの個性が本当に反映されていて、読んでいてもかなり面白いです。とにかく見応えたっぷり。身も心もスター・ウォーズにどっぷり入り込んだまま、会場を後にしました。

スター・ウォーズ大好き!な方はもちろん、1度は見たことがある、これから見てみようかなぁという人も、関係性も詳しく解説されていますので問題なく楽しめると思います。何より、インタラクティブ・クエストを体験するだけでも最新のミュージアム体験になるはず。

通常は日時指定制(入場時間だけが決まっている)となっているので、滞在時間の制限はありませんのでご安心を!1月13日までの開催ですが、12月の最終章が公開される前後はまた混みそうですし、何度でも見たくなることを考えると…この夏休み中か、早いうちに見ておくことをオススメします!

詳しくはオフィシャルHPでご確認を。

© & TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

 

最後、カリフォルニア&フロリダにできたスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジにも「ここも行きたーい!」と反応する子どもたち。これは行きたくなりますよね…!

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

飯田りえ

ライター

Rie Iida

1978年、兵庫県生まれ。女性誌&MOOK編集者を経て上京後、フリーランスに。雑誌・WEBなどで子育てや教育、食や旅などのテーマを中心に編執筆を手がける。「幼少期はとことん家族で遊ぶ!」を信条に、夫とボーイズ2人とアクティブに過ごす日々。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン