峰典子

うま味とうま味調味料(MSG)を正しく理解しよう【後編】

うま味の歴史は、「味の素®」の歴史

甘味、塩味、苦味、酸味に続く第五の基本味である、うま味。良く聞かれるようになりましたが、実際のところどんな食材に多く含まれているか、ご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。代表的なうま味成分であるグルタミン酸を豊富に含む食材としては、昆布やトマト、チーズなどが挙げられます。

このうま味を手軽に味わえるようにと考えられたのが、皆さんもご存知の、うま味調味料「味の素®」です。1908年に、東京帝国大学教授の池田菊苗博士が、昆布だしのおいしさの成分がグルタミン酸(MSG)であることを発見。これを「うま味」と命名しました。そしてグルタミン酸を主成分とする調味料、グルタミン酸ナトリウム(Monosodium Glutamate、略してMSG)の製造法を発明し、特許も取得します。これがうま味調味料「味の素®」として世界的な商品に成長していくわけですが、とはいえ、その過程にはたいへんな苦労があったそうです。(うま味の基礎知識は【前編】で!)

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

峰典子

ライター/コピーライター

Noriko Mine

1984年、神奈川県生まれ。映画や音楽レビュー、企業のブランディングなどを手がける。子どもとの休日は、書店か映画館のインドアコースが定番。フードユニットrakkoとしての活動も。夫、5歳の息子との3人家族。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン