高見澤恵美

世界初!飲み込んでも大丈夫な歯磨き粉「ブリアン」を、5歳、7歳、11歳&ワンコ(5カ月)がお試ししてみました!

LEE100人隊TBによる「月刊トップブロガー」、7月のお題は「おすすめのお口ケア」ですね。私が最近気になっているお口関連のトピックスは、子どもの口内環境について。息子5歳、日々の歯磨きが適当すぎて、虫歯が心配なのです……。

(春の歯科検診では、磨き方がダメ!と歯科医さんから注意を受けたわが子。痛い治療をしなくちゃいけないの!?と号泣したものの、毎日の歯磨きは相変わらず適当なまま……。子ども用の電動歯ブラシを買ってみたり、親の仕上げ磨きの時間を長めにしたり……と試行錯誤中です)

子どもに歯磨きをさせながら常々気になっていたこと。それは、甘い子ども向け歯磨き粉を飲み込んでいるのでは? ということ。歯磨き粉の種類が変わると「これ、おいしい!」と笑顔で口に入れ……お菓子感覚で楽しんでいるような(うがいがさらに適当であった1~4歳の時代など、半分くらいは食べていたのでは?汗)。

そんなわけで、わが子の歯磨き粉にはなるべく自然な成分が使われているものを検索して買ってみたり……と自分なりに工夫をしていたのですが、今回、“飲み込んでも安全な子ども用歯磨き粉がある”との情報をキャッチ! お試ししてみました。

世界初! 飲み込んでも安全な子ども用歯磨き粉「ブリアン」

こちらがウワサの歯磨き粉、「ブリアン」という商品。

ニュージーランドでの研究によって明らかになった、虫歯になりにくい人の口内にだけ存在する善玉菌「ブリス菌」を配合した、世界初のパウダー状歯磨き粉です。

早速小袋を開けてみました。通常のペースト状とは異なり、粉の形状となっています。一般的な歯磨き粉に含まれる研磨剤や界面活性剤、殺菌剤は使われておらず、食品成分100%でできているそうです。

使い方はいたって簡単! 歯磨きの先にちょこっとだけ付けて磨くだけでOKとのこと。うがいをしなくてもよいというのが魅力です。1日2包の使用が理想的だそう。

1 / 3
  • (1)小皿や手のひらに「ブリアン」を出す。

  • (2)歯ブラシの毛先を少しだけ水で濡らす。

  • (3)ブリアンを歯ブラシの毛先につけたら、約2~3分程度歯磨き。終わったら水でゆすがず、唾液を出すだけでもOK。

食べてもいい成分なら、お菓子感覚で歯磨き粉を味わっているであろうわが子にもぴったり!

息子と、歯磨きが面倒な日もある小学生の甥、姪が実際にお試ししました。

1 / 4
  • 歯磨きと聞いて全力で嫌がる息子(左/保育園年中・5歳)、歯の生えかわり期真っ只中の姪(右/小1・7歳)、少年野球が忙しく、出先での歯磨きがおろそかになりがちな甥(中央/小5・11歳)の3人がお試し。

  • まずは年中。全力で嫌がっていたはずが、「ブリアン」の甘い匂いに誘われて口に含むと「甘い! お菓子だ!」とご満悦。

  • 続いて小1。「これが歯磨き粉なの? え~、とちおとめみたいな香りがする! おいしい♡」とジョークを飛ばしてニッコリ。

  • ラストは小5。「こんなに甘いのに虫歯になりにくいなんてビックリ。外でおやつを食べた後にいいんじゃない?」と提案。

3人とも気に入った様子です。また、この「ブリアン」があれば、子どもが“うがいイヤイヤモード”に入ってしまった日も、親は安心して「うがいナシ」を許してあげられる……というのは、ありがたいもの。お菓子っぽさがあるので、“歯磨きイヤイヤモード”も回避できそうです。

しかも虫歯になりにくい人の口内に存在するという「ブリス菌」が含まれており、生きたまま口内に含むことで口内環境が改善、虫歯予防につながるというのも高ポイント。年長~小学生の乳歯から永久歯へ生えかわっていく時期の、食後の習慣にするとよいのでは? と思いました。

小5の甥も話していましたが、歯磨きができない外食用に数袋持参して出かけるというのもよいアイデア。また、サマーシーズンであれば、うがいをしづらいキャンプなどアウトドアに持っていっても助かりそうですよ。

キッズ用として販売されていますが、もちろん大人が使ってもOKとのこと(別に大人用商品もあるようです)。私も試してみたのですが(封をあけ、歯ブラシは使わずそのまま口へ)、甘くておいしい(子どもの頃、駄菓子の粉末ジュースを水に溶かさずにそのまま口に入れて味わうのが流行していたのですが、近い感覚があります。ノスタルジック!)。仕事中、なかなか歯磨きをする余裕がないときにサッと口に含むのに好都合。デスクに置いておくと重宝しそうです。

犬・猫用「Lovely B」もお試ししました!

子ども用だけでなく、「ブリアン」を犬・猫用に改良した口臭ケアパウダー「Lovely B」(ラブリービー)なる商品もあるとのこと、こちらは新人編集カー子の愛犬ちゃんがお試ししました。

1 / 3
  • 編集カー子の愛犬、オーストラリアン・ラブラドゥードルのレイさん(生後5カ月)。初めての口内ケア商品に興味津々の様子。

  • 使い方はとっても簡単! 食事にかけて食べさせればOK。お皿に入れてそのまま舐めさせてもよいのだとか。

  • おいしそうに食べるレイさん。

と、こちらも好感触。

「ブラッシングなどのお口ケアで歯垢をとらなきゃ……と思いつつ、日々丁寧に行うのは至難の業。『Lovely B』をドッグフードに混ぜるだけで口内環境がよくなるなんて画期的ですよね! たまに口臭が気になるときがあるので、習慣にしたいです」(編集カー子)

実は人間よりも多いとも言われる、動物たちの歯周病。ブリス菌が配合された「Lovely B」なら、簡単に口内ケアができそうですね。


以上、歯磨き新アイデアをご紹介しました。子ども、ペットの口内ケアに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

◆「ブリアン」公式サイト

◆「Lovely B」公式サイト

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年、埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。関心あるキーワードは「育児」「健康」「DIY」「観劇」など。家族は夫と4歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン