佐々木はる菜

日本人の睡眠は世界最低レベル!快適に眠るために必要なことって?【コアラ・マットレス体験談・前編】

夜になっても気温や湿度が高いことが多いこの季節、皆さんは毎晩よく眠れていますか?
今の時期ならではの蒸し暑さに加え、家族4人で並んで寝ている我が家では「眠る環境」そのものに課題を感じることが増えていたのですが、あるマットレスとの出会いが睡眠環境を見直すきっかけとなりました。

今回は、親子共に家族で快適に眠ることができるようになった我が家のリアルな変化をレポ!予防医学研究者の先生による「睡眠講座」で学んだ内容もお伝えしながら、寝苦しい季節を快適に過ごすためのヒントを前後編の二本立てでお送りします。

興味のきっかけは、家族4人で並んで眠る我が家の悩み

こちらは4年前の写真。今ではだいぶ窮屈に…

我が家では、今でも7歳息子・4歳娘と家族4人一緒に寝ています。
子どもが産まれてからベッドや布団など様々なパターンを試してきましたが、試行錯誤の結果、寝室の一画にふたつのマットレスを並べて敷き詰める形が定着。特に子どもたちが小さい時はお世話などが非常に楽でした。今後は本人たちの成長や希望と共にまた変えていく予定ですが、基本的には「家族一緒に眠る」スタイルに満足しています。

一方で課題に感じているのが、家族間での生活時間の差です。夫は毎晩帰りが遅めで平均夜22時ごろ。色々と相談した結果、平日は夫の帰りを待たずに私も子どもたちと早めに就寝するようになりましたが、夜中に夫が寝るタイミングで私が必ず起きてしまい、特に寝苦しい季節はそのまま寝付けなくなってしまうことも…。早く眠る分、早朝に起きて家事や仕事などをしているため寝不足が続くこともあり、何か良い解決方法はないかと悩んでいました。

そんな時に見かけたのが、ネット上などで話題を集めていたオーストラリアの寝具メーカー「Koala Sleep(以下コアラ・スリープ)」のマットレスの動画でした。

★【衝撃の動画】マットレスの上で思い切り跳ねても、ワインを注いだグラスが倒れない!

「コアラ・マットレス」にワインを注いだグラスを載せ、その横で大人の男性が飛び跳ねても倒れないというコミカルかつ衝撃的な映像で、その振動吸収性の高さから「隣で寝ているパートナーを起こさずに眠れる」と人気を集めているという話に強く興味を惹かれた私。実際にどんなマットレスなのか取材させていただけることとなり、コアラ・スリープが開催するイベントに参加してきました。

世界でもダントツに短い、日本人の睡眠時間

当日は、日本支社でマネージャーを務めるアダム翔太さんが、ワイングラステストのパフォーマンスもしてくださいました。本当に倒れない様子に、会場からはどよめきが。

コアラ・マットレスの体験ブースや睡眠講座などもある盛りだくさんなイベントでしたが、私が一番印象に残ったのが、「大切な人を起こすことなく一緒に眠れることで、“快眠”と“家族との良い関係”を両立させたい」というコアラ・スリープのメッセージでした。そしてその背景にあるのが、世界と比べても深刻な日本人の睡眠課題です。

2015年の設立から3年で、オーストラリアで最高評価を獲得するリーディングカンパニーに成長したコアラ・スリープ。日本には2017年に上陸し、日本人ならではの悩みや体型、好みに合わせた設計や開発で人気を拡大しているそうですが、その中で浮き彫りになってきたのが、日本人が慢性的に抱えている睡眠の問題でした。

例えば日本人の平均睡眠時間は、経済協力開発機構の加盟国中で最短。年々減少し2018年は442分=7時間22分(参照:経済協力開発機構2018)で、中でも40代男女の半数前後は「6時間未満」と回答しているそうです。また「睡眠で休養があまり取れていない」と答える割合も高く、40代男女(30.9)%、50代(28.4%)、30代(27.6%)という結果に。
私自身はなるべく7時間眠るように心掛けていますが難しいことも多く、うちの夫はいつも夜中の1時ごろ寝て朝6時過ぎに起きる生活を送っており、悲しいことに非常に納得感がありました。

また、パートナーと同じ寝室で眠ることが良好な家族関係に繋がるという調査結果がある一方で、日本では72%の夫婦が一緒に寝ていないというデータもあるそうです。理由には、「寝相」や「いびき」などの他、我が家と同じく「一緒に寝る時間の違い」という答えも多く見られ、現代家庭に共通した問題なのかもしれないとも感じました。

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン