暮らしのヒント

上紙夏花

まだ間に合う!「梅しごと」3年以上もつ自家製調味料〝梅味噌〟を仕込もう!

梅干よりも簡単!令和元年を記念して梅味噌を

 

Rêve』のしみずみのり先生に教えていただきました!

 

「令和」の由来はみなさんご存じ、万葉集から。出典は「万葉集」の梅花の歌、三十二首の序文で、奈良時代の初め、当時の大宰府の長官、大伴旅人の邸宅で開かれた「梅花の宴」で詠まれた歌です。「梅花の宴」は当時珍しかったという中国からわたってきたばかりの梅の花をめでて開かれたとされています。令和元年を記念して、梅しごとを……と梅シロップを仕込んでみたのですが、毎年梅シロップしか作っていないので、何か違うものを作りたいけれど、梅干は手間だなあと思っていました。そんなときに〝梅味噌作り〟のワークショップに参加する機会に恵まれたのです!

 

梅味噌ってどんなもの?

 

これまで私は食べたことがなかった〝梅味噌〟。以前、ふつうの味噌を仕込むワークショップをご紹介しましたが、そのときと同じ、世田谷線松陰神社駅からすぐの「カフェ えんとつ」さんでパン・発酵教室の「Rêve」のしみずみのり先生に教えていただきます。

 

梅味噌とは、生梅と味噌、砂糖を混ぜて作る調味料のこと。自家製でありながら、3年以上ももつという万能調味料なんです。梅味噌の歴史としては、記述が残っていないようで、どこの地方で初めてつくられたのかは不明です。おそらく、味噌を作っている地方では梅も身近に採れるので、自然と家庭の調味料として作られて来たのではないでしょうか。

 

材料の梅は青梅でも完熟梅でも作ることができますが、今回はキリっと酸味の効いた味になるよう、出始めの青梅にしました。梅は傷物で充分。梅シロップや梅干にできない梅を活用して作れるのもいいところです。この時期だと半熟や完熟が出回っていると思いますので、そちらでチャレンジしてみてください。

 

 

野菜嫌いの子どもも、梅味噌で克服!?

 

この日のランチはカフェ えんとつのグリーンカレー。昨年、みのり先生が仕込んだ梅味噌もいただきました。生春巻きにも、カレーにも合うなんて!万能すぎます。

 

 

今回仕込んだのは、白味噌系の梅味噌。青梅のさわやかな酸味がありながら少し甘い味で、夏野菜にとても合うんです。ただ、生野菜にディップして食べたり、お肉や魚に塗って食べたり。漬かっている梅の実も1年後から美味しく食べられます。水分が抜けてもカリカリ食感なので、刻んで梅味噌にまぜてご飯にのせて食べると白米何杯もいけちゃうというくらいの美味しさ!

 

 

ブロッコリーやトマトは子どもの好き嫌いの上位に入る野菜ですが、梅味噌で克服した子がたくさんいるんですって!次男に早く試したいです。ほかには、鶏のささ身カツやイカの酢味噌和えの酢味噌の代わりに梅味噌で和えるなど、幅広い料理に使えます。

 

 

 

Writer Profile

上紙夏花

ライター/ビューティープランナー

Natsuka Uegami

1977年、大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子9歳、3歳

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン