私の「出産」リアルストーリー

【綿矢りささん】出産して余裕がないからこそ、書きたい世界がはっきりした/私の「出産」リアルストーリー

「出産」は幸せなことだけれど、実際に経験してみると、それだけではないのも現実。
環境や生活の変化に心が落ち込んだり、子どもへの愛情不足を感じたり、仕事との両立に悩んだり……。
LEE世代を代表する4名が、出産を経て感じた心の揺れやリアルな本音を、余すところなく語ってくれました。

この記事は2019年5月7日発売LEE6月号の再掲載です。


私の「出産」リアルストーリー 02
出産して時間も余裕もないからこそ、本当に好きで、書きたい世界がはっきりした

綿矢りささん[作家]

PROFILE
わたや・りさ●’84年、京都府生まれ。’01年『インストール』で第38回文藝賞を受賞しデビュー。’04年『蹴りたい背中』で第130回芥川賞、’12年『かわいそうだね?』で第6 回大江健三郎賞を受賞。新作『生のみ生のままで』(集英社)が6 月発売予定。

出産リアルDATA

 妊娠中つわりはありましたか?
ありました。けっこう苦しかったですね。食べづわりで、トマトとフライドポテトを交互に食べてしのいでいました。ポテトが本当においしくて、中学生のような気持ちで食べていました(笑)。

 出産のスタイルは?
産院での無痛分娩でした。とんでもない痛みを軽くする麻酔ってどんなものだろうと、麻酔への興味がわき、経験したいと思いました。

 夫は立ち会いしましたか?
立ち会いました。私の陣痛が始まったときに魚介を解凍してパエリアを作ろうとしていて、病院に着いた後も、パエリアのことばかり気にしていてイライラ(笑)。今では笑い話ですね。出産の生々しさや血にもひるむことなく見届けてくれて、産後も家事・育児ともやってくれて、感謝しています。

 仕事にはいつ復帰しましたか?
産後5 カ月ぐらい。体がしんどいのに頑張りすぎてしまい反省。今は、もう少し休んでもよかったかなと思っています。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン