お金のプロの「保険」と「教育費」

将来に備える「保険」の見直し方・「教育費」の貯め方

子育て中の家庭で最も気になるお金&見直すチャンスがあるのが、保険と教育費。二児の母で、FP(ファイナンシャルプランナー)の竹下さくらさんにアドバイスをいただきました。

この記事は2018年10月7日発売LEE11月号の再掲載です。


現役ファイナンシャルプランナーに聞く!
将来に備える「保険」の見直し方・「教育費」の貯め方

子育て世代にとって同時期に必要で、綱引き関係に陥りやすいのが保険と教育費だと竹下さん。

「教育費に注力しすぎ、逆に保険が手厚すぎなど、アンバランスな家庭は多いです。正しくお金をかけるために、自分たちに適正な保険に見直すことから始めましょう」

バランスのいい家計のために、まずは保険の見直しから

「まずは、万一のときのお金がいくら必要かを考え、そこから家庭の貯蓄と公的保障等の合計金額を差し引いて、足りない分(例えば夫が会社員、妻が専業主婦、小さな子ども二人で年間生活費400万円の家庭なら、3000万円程度等)を保険に入って補うというのが基本的な考え方です。

つまり、貯蓄が豊富な家庭では保険が不要のケースも。夫だけでなく妻にも保険をかけたほうがいい場合もあるので、夫婦二人が入っている保険を一度すべて洗い出しましょう。

今は超低金利時代なので保険で貯蓄しようとせず、基本的に掛け捨てで入るのがおすすめです。また、保険は入りっぱなしではなく見直しが必要。途中で解約すると損をするのではと二の足を踏む方もいますが、そのときの状態に見合っていない保険に入り続けているほうが、損をしますから」(FP竹下さくらさん)

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン