まるで本物のクイズ番組!楽しみながら食育を学べる「しょくいずアカデミー」を体験してきました!

ワーキングマザーの忙しさを言い訳に、平日子連れ外食や、レトルト晩ごはんの回数も頻繁なわが家。食育とはほど遠い暮らしを改めたい……という思いもあり、hanami表参道にて開催された食育のイベント「しょくいずアカデミー」に、保育園児の息子(年中の学年)とともに足を運んできました。会場では、親子で食に対する気付きがあったりと有意義な時間を過ごすことができたので、その様子をご報告いたします。

「しょくいずアカデミー」とは?

テレビ番組プロデューサーであり、食育プロデューサーとしても活躍中の吾妻聖子さんがプロデュースするエンターテイメント型イベント、「しょくいずアカデミー」。クイズ形式で食育を楽しく学べたり、食育にまつわるさまざまなブースで遊べたり……と、盛りだくさんな内容となっています。

会場では、メインコンテンツである食育クイズの前に、まずはさまざまな食育ブースを堪能。先述の通り、食には自信のない私たち親子でしたが(食育クイズ、息子はおろか親も正解する自信なし……との不安もありつつ)、のっけからテンションアップ!

まずは、12種類の野菜の種をみて、なんの種かを当てる【このタネなんダネ?】ブースへ。

1 / 3
  • 「キャベツの種はどれでしょう?」など、いきなり大人も正解が分からない難問が出されるも、子どもたちなりにアレコレ考えて当てていました。

  • おやつに大根を要求してくるほどの大根好きである息子。種を見て、「これが大根に……」とうっとり!

  • 5歳息子も、一緒に参加したお友達のゆいちゃん(4歳・同じく年中の学年)も、何度もやりたがるほどのハマりよう。「親子で朝顔の種を蒔いたりしているので娘も種に興味があったようで、種の実物に大興奮。ゲーム感覚で楽しめるのもよかったようで、全問正解しても何度も挑戦していました(笑)。今度は野菜の種を一緒に植えてみたいです」(ゆいちゃんママ)

【やさいdeアート】のブースでは、好きな野菜をお皿に並べて顔を作るアートな体験を。

1 / 4
  • さまざまな種類の野菜を好きなだけ触れる、ちょっとレアな体験ができるコーナー。

  • 息子も挑戦。自由に野菜を触れることが新鮮だったようで、合間ににんにくとたまねぎの皮をむきだして……。「それ以上むくと、手がちょっと臭くなるかもね~」とスタッフの方に止められていました(が、むいていました・苦笑)。

  • どうにか完成!

  • スタッフさんと「髪の毛は何にする? レタス? ブロッコリースプラウトは?」「ブロッコリースプラウトにする!」などと野菜トークを楽しみながら、ゆいちゃんの作品も完成!

【このタネなんダネ?】では、「きゅうりの種、今度見てみよっか?」、「トマトの種、いつも食べてるんだよ。気付いてた?」、【やさいdeアート】では、「髪の毛にしたカイワレ、どんな味だろうね」など、リアルな野菜、種に触れながら、親子で野菜について話ができました。

どちらのブースでも、ブロック遊びに負けないくらいの食いつきのよさ。野菜にこんなにも夢中になるなんて……とひそかに衝撃を受けました。短時間の体験ではありましたが、今度子ども包丁を持たせて、野菜を切らせてみようかな、サラダ作りをお願いしてみようか……などと、色々なアイデアが浮かんできます。子どものためのものだと思っていた食育でしたが、親の意識を変える効果もあるようです。

ゆいちゃんママからも、「スーパーや八百屋さんでもお買い物中に、娘もお野菜に触れることがありますが、今日のようにさまざまな種類のお野菜に自由に触れさせることができる体験は貴重ですね!」と喜びのコメントが。

続いては、人気消しゴム版画イラストレーターさんが直接レクチャーしてくれる【とみこはんの 消しゴムはんこde食育】のブースへ。

食べ物モチーフの約100個のハンコの中から、好みのはんこを選んでエコバッグに押すワークショップ。子どもだけでなく大人も夢中になって、トート作りを楽しみました。とみこはんさんにグラデーションの付け方を教わるなど、貴重な大変も!

1 / 10
  • ブースの一角には、とみこはんさんの作品も。こんな素敵なトートを消しゴムハンコで作れるなんて……!

  • 消しゴムハンコが並ぶ作業台へ。

  • 気に入った消しゴムはんこをトートにペタペタ。

  • 息子も真剣。

  • とみこはんさんが直々にアイロンがけの仕上げを。

  • とみこはん先生とパチリ!LEEでは過去にはんこ特集に出ていただいたこともあるとみこはんさん。実はLEE5月号別冊付録(「1日5分できれいが続く!『ためない掃除』完全版」)掲載のお掃除道具のイラストも、とみこはんさんによるもの!

  • ゆいちゃん(4歳)の作品。好きな食べ物がたくさん! 食育トートの完成です。

  • 誤ってスタンプ台を直接押し付けたりと失敗もしつつ、完成した息子(5歳)のトート。おなじみのバナナやスイカも登場させて、本人的には大満足の仕上がりだったようです……。

  • 他の親子の作品も、とってもキュート……!

  • 指差しを楽しめるようにさまざまなハンコを押したり……それぞれ工夫を凝らしていました。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年、埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。関心あるキーワードは「育児」「健康」「DIY」「観劇」など。家族は夫と4歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン