津島千佳

パリの文具ブランド「パピエ ティグル」のお店で、子連れワークショップを体験!

「パピエ ティグル」はパリ本店に続き、2店舗目は東京に

フランス生まれのステーショナリーブランド「パピエ ティグル」をご存知ですか? ブランド名になじみがなくても、このアイコンに見覚えがある人はいるかもしれません。

主に紙を用いたプロダクトやステーショナリーを展開していて、カラフルでおしゃれ! 私もスケジュール帳を愛用しています。

パリに続く、2店舗目は東京にあります。2017年にオープンした東京のショップの外観も雰囲気があります。

青山や代官山あたりにありそうなお店ですが、日本橋浜町というわりと渋めな下町に立地しているのです。日本橋浜町は再開発が進んでいますが、おしゃれなショップは少ないエリア。なぜ、この地を選んだのか。それは「パピエ ティグル」のクリエイティブチームの考えにあります。

彼らは“文化は東から西に広がっていく”という考えを持ち、パリの本店も東部にあります。そしてここからがおもしろいのですが、パリでユースカルチャーを発信していたのは西側が多かったものの、最近では東側が盛り上がっているとのこと。これって数年前から清澄白河や蔵前、御徒町といった東側が注目されている東京と似ていますね。
「パピエ ティグル」を目指す人だけでなく、近所に住むおばあさんがお客さんとして混じり合うのも東東京にあるセンスのいいお店独特の現象かもしれません。

ステーショナリーショップなのに日本茶が楽しめる!?

ユニークなのは客層だけではありません。店内は文具や雑貨を販売するスペースの隣に「サロン・ド・テ パピエ ティグル」なるティーサロンもあります。

日本全国から厳選した日本茶と和菓子、パンなどが味わえます。サロンで飲むのはもちろん、散策のおともにテイクアウトする人も多いとか。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン