藤原千秋

大嫌いなG(ゴキ○リ)に遭わないためにできること

不意打ちのG!

キレイに敏感な暮らしをしているつもりなのに、なぜか不意打ちのようにG(ゴキブリ)に出遭ってしまうことってあります。

とくに蒸し暑くなりだす、梅雨から初秋にかけての、夜間。おうちの内外で見かけて「ギャッ!」となってしまう頻度は、冬場の比ではないのでは。

さて、「おうちの内外」と書きました。ゴキブリって、家の中で自然発生する生きものではありません。家の中にいる場合でも、必ず最初の一匹は、「外から」なんらかの方法で入り込んできたのです。

そんな「入り口」には、「排水管」や「換気扇」「隣戸との間にできた隙間」のようなやや特殊なルートもなくはありません。ゴキブリは隙間、わずか1ミリあれば、その間を通って移動ができるといわれます。

ただそういう見えないルートというわけではない、「玄関」「ベランダ」のような、私たち自身が当たり前に出入りしているエリアもゴキブリの通り道だったりします。

Gにとってコージーなポイントとは

とくに、そんな玄関周りなら「傘立て」「植木鉢」の裏に、要注意。

ベランダ周りなら「エアコン室外機」「植木鉢」「外置きのゴミ箱(生ゴミのみならず、ペットボトルや缶ビン)」「古新聞や古雑誌」などが、ゴキブリの好む潜み場所や巣(集うところ)になりやすいのです。

屋外の、そんなゴキブリにとってコージーなポイントを足がかりに、家の中に入って来られてはたまりません。外から、ゴキブリを極力「家の中まで入り込ませない」ようなくふうを施しましょう。

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン