峰典子

ピクサーアニメーションの裏側を体験!「PIXAR のひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」

ピクサーアニメーション制作の裏側を初公開!

『トイ・ストーリー』は言うにおよばず、『Mr.インクレディブル』や『ファインディング・ニモ』、そして『リメンバーミー』。人気作を続々と世に送り出す、ピクサー・アニメーション・スタジオ。ピクサー作品だけは必ず映画館に足を運ぶ、という方も多いのではないでしょうか。

これまで明かされていなかった、ピクサーアニメーション制作の裏側を知れると話題を集めているのが「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」。アメリカやカナダで大盛況を収めた当展覧会が、満を持してアジアで初開催! 六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにやってきました。

みんな大好きなキャラクター陣が大集合!

制作のカギとなる8つの工程を体験しながら、
ピクサーの映画作りを学ぼう。

この展覧会の最大のポイントは、体験型の展示ということ。アニメーション制作のカギとなる8つの工程を体験できるアクティビティが所狭しと用意されています。『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『カーズ』など、実際の人気作品が生み出された背景や、キャラクターに命が吹き込まれていく様子を間近で感じることができるんです。

展示はモデリングからスタート

映画制作のファーストステップは、ライターがストーリーを書き、アーティストがそれに沿ったイメージイラストを起こすことから始まります。そのイラストからキャラクターを作るのが『モデリング』。『トイストーリー2』では、1000体以上のキャラクターモデルが作られたとか。キャラクターが決まると、骨や筋肉で動きを作る『リギング』、髪の毛や服などの外見を決める『サーフェイス』、物語の世界観を作る『セット&カメラ』、キャラクターを動かしてみる『アニメーション』、髪や服を本物のように動かす『シミュレーション』、明かりを調整し、情緒溢れるシーンを作る『ライティング』という順に工程が進んでいきます。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

峰典子

ライター/コピーライター

Noriko Mine

1984年、神奈川県生まれ。映画や音楽レビュー、企業のブランディングなどを手がける。子どもとの休日は、書店か映画館のインドアコースが定番。フードユニットrakkoとしての活動も。夫、5歳の息子との3人家族。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン