佐々木はる菜

大型連休のおでかけ先にも!子連れで行く「地元フェス」の魅力って?

ここ数年、「地域」が主催するイベントがますます増えているように感じます。例えば、商店街主催のお祭りやアートフェス、ゆかりある食材や料理をテーマにしたグルメイベントなど、それぞれの地域色を出した内容やオリジナリティのある企画がたくさんあり家族で楽しめるものも多いため、子どもたちと一緒によく足を運んでいます。
最近では4月中旬、大盛況のうちに閉幕した「NAKAMEGURO BLOCK PARTY vol.2」に参加してきました。今回はその様子を通し、いわゆる「地元フェス」に子どもと参加する魅力をお伝えしたいと思います!
いよいよ目前に迫った大型連休中も各地域で様々なイベントが数多く開催されるようなので、旅行など大きな予定がない方にもオススメです。

昨年秋に続き2回目の開催となった「NAKAMEGURO BLOCK PARTY vol.2」は、中目黒・代官山地区に所縁のある有志一同による地元のお祭りです。会場の目黒川河川敷にある公園「合流点遊び場」には、素敵な雑貨や服、本などが並ぶお店のほか、中心にはDJブースまであり、おしゃれで様々なジャンルのカルチャーが集まる中目黒エリアの魅力がぐぐっと凝縮された雰囲気。心地よくテンションが上がる音楽が流れる中で、美味しい食べ物と飲み物を楽しむことができました。

昔よく通っていた大好きなお店のブースも!出店されている皆さんは、やはり洗練された雰囲気があり、参加しているお客さんたちもオシャレな方が多く、さすが“ナカメ”!

子どもたちも主役!小さな子でも楽しめる工夫がいっぱい

そして印象的だったのが、大人だけではなく子どもたちも思い切り楽しむことのできるスペースが用意されていたこと。体を動かしたり、好きに何かを作ったりして遊ぶことのできるキッズコーナーや、懐かしい「糸電話」をモチーフにしたアート作品などもあり、様々な年齢の子どもたちで賑わいを見せていました。

「つながりのタネ」(EDGE inc.)
傍らには、この作品について書かれたパネルも。「糸電話で話す」という行為を通して、コミュニケーションの原初的な喜びに身を委ね、「つながる」ことの楽しさや喜びを実感してほしいという言葉が心に残りました。
相対する面には数多くの「電話口」があり、繋がる場所を探す楽しさも!
スタイリッシュなアイテムも多かった子ども服のフリーマーケットブースは毎回大人気だそうで、おしゃれなパパママたちがひっきりなしに訪れていました。
4歳娘は、おそらく初めて見たであろうDJブースに興味津々。音楽に合わせておもむろに隣で踊りだし、大笑いしてしまいました。将来が楽しみなような不安なような…

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年、東京都生まれ。会社勤めを経て結婚・出産を機にライターへ。国内外のトレンド、暮らしや子育てについてのコラム執筆のほか、企業サイトのコンテンツ作成などにも携わり、女性のキャリア・多様な働き方についての発信も目指す。夫・7歳息子&4歳娘の4人家族。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン