高見澤恵美

塗っても焼ける“スキマリスク”を防ぐ!日焼け止めの塗り方&量、ビオレUV新アイテムとは?

“日焼け止めを塗っているのに、なぜか日焼けする”問題

気づけば4月後半、大型連休も間近! 日に日に強さを増す日差し。前回は目から入る紫外線対策についてお届けしましたが、今回は本丸、お肌のUVカットについて! 花王ビオレUV「スキマリスク」セミナーで、正しい紫外線対策について学んできたのでご紹介します。

「スキマリスク」というワードに、「ズボラワーママである私のUVケアは、スキマだらけなのでは!?」とびびり気味に……。

セミナーの内容に入る前に、アラフォー母である私の、日々の紫外線対策状況(春夏)を簡単に……。朝はとにかく時間がないので、洗顔&スキンケア後、日焼け止めを顔(余裕があれば首のあたりも)にチャチャッと塗る。あとは、日焼け止めのSPF30~50といった数字を信じて1日生活する……といった感じです。保育園の送迎は自転車で、平日は帽子もかぶっておらずなので、日差し直撃。一応は頬を中心に日焼け止めを塗ってはいるけれど、ガードできている自信なし……。この適当状態、多忙なママには割りと多いのではないでしょうか(え? ズボラすぎ?)。

日焼け止めの使い方次第で、「塗っても焼ける」状態に!

さて、ビオレUV「スキマリスク」セミナーでは、光老化対策をライフワークのひとつとする、銀座ケイスキンクリニックの院長・慶田朋子先生が登場。「日焼け止めを塗っているのに、どうして日焼けするの?」という疑問に答えてくれました。

慶田先生によると、紫外線対策をしっかりしないと、しみ、しわ、たるみや老人性イボ、皮膚がんなど、さまざまなトラブルにつながる恐れがあるそう。毎日の日焼け止めの使用が大事! なわけですが、この日焼け止め、使い方次第では効果が十分に発揮されないのだとか……。使い方の問題点とは、

(1)塗る量が不十分

(2)塗り方に問題があり、まんべんなく塗れていない

(3)塗り直しの頻度が低い

という3つが主だそう。以下で詳しく説明します。

(1)塗る量が不十分

まずは、そもそも日焼け止めの量が足りていない人が多いのが問題! とのこと。普段の生活では、日焼け止め性能テストで使われる日焼け止め量の1/5程度しか塗れていない人が多いのだとか。そりゃ、焼けますよね……。適切な量は下記でチェックを。

<顔〜首(デコルテ)の場合>

100円玉ひとつ分の日焼け止めを額・あご・両頰・鼻の5か所に。さらに同量を首とデコルテの5か所に置く。パーツ粒を手に取るのでは足りないそう。1回に100円玉2枚分をとって塗るように意識してみて。

<腕や脚の場合>

日焼け止めの容器から直接肌へたっぷりと。塗るタイミングは、服を着る前&靴を履く前(服を着てから塗るのはNG。日焼け止めがつかないようにと塗る量が控えめになりがち)。レースや麻素材の場合、紫外線が透過しやすいので、広範囲を意識して塗るとよいそうです。

(2)塗り方に問題があり、まんべんなく塗れていない

量が足りていても、塗り方によっては「スキマ」ができて焼けてしまうことも。正しい塗り方を覚えることで、「スキマリスク」を減らせます。

<顔〜首(デコルテ)の場合>

【1】100円玉ひとつ分の日焼け止めを額・あご・両頰・鼻の5か所に置く。さらに同量を首とデコルテの5か所に置く。

【2】肌にやさしく伸ばす。中指と薬指の2本または人差し指を加えた3本の指の腹を使って塗る。

【3】首からデコルテに指の腹を使って伸ばす(デコルテは服の襟元から7cm奥までしっかりと)。

【4】【1】~【3】を繰り返して2度塗りする。その後、気になる部分に重ね塗りをする。

【5】大きめのパフにファンデーションまたはフェイスパウダーを取り、肌をやさしく押さえて日焼け止めを密着させる。

<腕や脚の場合>

腕や脚はらせん状に塗る。指の腹で円を描くように馴染ませれば、塗りムラを防ぎやすくなるとのこと!

また、日焼け止めの塗布が十分ではない「スキマ」になりやすい箇所は、耳、額、鼻(汗などにより落ちやすい)、あご下、首やデコルテ、足の甲(サンダルのベルトまわり)など。

意識して塗るように心がけるとよさそうですね。

また、塗るときは無理にすり込まなくてOK。角層の上に乗っていればよいそうです。パンパンと叩き込む人もいますが、たるみにつながるので避けたほうがよいとのことでした。

(3)塗り直しの頻度が低い

朝塗って安心しがちな日焼け止めですが、塗り直しもマスト。2〜3時間ごとに塗り直すのが正解、だそう……!

(1)~(3)まで、何ひとつ実践できておらず……の私……。こりゃしみが増える一方だわ、と大反省。正解が分かったので、今年は心を入れ替えてUV対策を行っていきたいです。

慶田先生のお話でもうひとつ興味深かったのは、「歩きスマホでスキマリスクがさらに高まる」ということ!

下を向いた姿勢だと、アスファルトで反射した紫外線がダイレクトに当たるため、“あご下焼け”しやすいんだとか。歩きスマホでなくても、信号待ちなどの時間にも容赦なく“あご下焼け”してそうですね……。スマホを見るときは注意したいものです。

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン