産前・産後の暮らしの些細な変化

ママ友=本当の友達!?「子どもの年代」でママ友づき合いはどう変わる?【産前・産後の些細な変化】

妊娠未経験の女性や、初産を控えた妊婦さんの中には、「うまくつき合っていけるか心配……」と、不安を感じる人も少なくない「ママ友」という存在。

公園や学校などで、子どもを通じて知り合った母親仲間である「ママ友」。ここ10数年ですっかり浸透した表現ですが、この“友”という字がつく表現自体にも違和感を覚えたり、プレッシャーを感じる人も一定数いるようです。

「産前・産後の些細な変化シリーズ」、今回は、悩ましい「ママ友」のリアルについて取材。幅広い世代のママたちが「ママ友」という言葉に抱く印象や、「ママ友」づき合いで感じる“友”要素はどの程度であるのか調べました。

イラストレーション/カラスヤマミライ

「ママ友」という呼び名に疑問を感じるママ世代とは?

まずはこの「ママ友」という言葉自体への本音から。「違和感を覚えている」という意見が目立ったのは、新米ママ世代と、ベテランママ世代でした。

<新米ママ世代の意見>

・「世間話をする程度のつき合いなのに、友って呼ぶのはどうなのか? 友達という言葉の安売りじゃないの? と思いつつ、便宜上『ママ友』という言葉を使ったり、『ママ友』と呼ばれたりしてます。メール交換をするような友達らしい友達はいないので『ママ友』ゼロのぼっちともいえますけど、顔見知り程度でも『ママ友』と呼んでいいなら結構いる。判断に悩みます」(娘1歳のママ)

・「友という字が使われているから、何となく『うまく友だちづき合いをしなくては……』と焦りを感じてしまう。童謡『一年生になったら』の歌詞のせいで、100人の友達を作らなきゃ! とプレッシャーを感じた子ども時代に似た心境」(娘0歳のママ)

<ベテランママ世代の意見>

・「子どもたちはもう私をオカンとかお母さんと呼ぶのに、『ママ友』と呼ばれることに抵抗がある」(息子24歳&娘23歳のママ)

・「私たちが育児をしていた頃は、ママというと、サザエさんくらいの年代まで、若いお母さんの呼び名という印象がありました。25歳を超えてからは、外で子どもにママと呼ばれるのも恥ずかしかったんですよ。子どもの同級生からは『○○ちゃんのおばちゃん』と呼ばれていたし、自分たちのことをかわいらしいイメージのママ呼びするなんて厚かましいと思っていましたね(笑)。今のお母さんは、年齢関係なくきれいにしている人が多いから、自分たちをママや『ママ友』と呼ぶことに躊躇しないんじゃないですか? 高齢化社会で、お母さん世代の意識が変わったんだと思いますよ」(娘44歳&41歳、息子37歳のママ)

・「外でママと言うと、クラブのママを連想してしまう。職業名という認識。ママ友は、クラブのママ同士の呼び名かと勘違いされません?」(息子45歳・娘39歳のママ)

新米ママ世代は、友という言葉に戸惑いを感じながら使う人が一定数存在、ベテランママ世代は、ママ呼びに違和感を覚える人が多いという結果となりました。

一方で、「ママ友」という言葉を受け入れ、現在進行形で使用しているママは、2、3歳~大学生くらいの子どもを持つ母親がメイン。

理由として挙げていたのは、「ママ友」=スムーズに発音できるという単語である、という点でした。

「妊娠前はママ友というワードに抵抗を感じ、代替案を考えてみたことも。“母仲間”がイメージに近い気がしましたが、とにかく言いづらい上に、伝わらなくて……。気付いたら『ママ友』と表現していました」(息子4歳のママ)

という意見があるように、確かに「ママ友」の言いやすさはピカイチ。かっこいい男性を一言で表現した“イケメン”のそれに通じるものが。2019年現在、それにかわる流行語が存在しないのも事実であり、今後もしばらくは定番ワードとして使われていきそうです。

また、

「今でも60代後半の母親をママと呼んでいるし、アラフォーの自分たち世代をママと呼ぶことがおかしいなんてまったく思いません!」(息子5歳のママ)

という人もいて、“ママ”という言葉自体への抵抗感の少なさも、「ママ友」の浸透度に影響を与えていると思われます。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年、埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。関心あるキーワードは「育児」「健康」「DIY」「観劇」など。家族は夫と4歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン