ラク家事のススメ!

自分の時間も作れるように!私自身の「この家事やめてラクになりました」

「きちんとやらなきゃ」と家事が重荷になっていませんか?
頑張りすぎて、笑顔が消えてしまっては本末転倒。みんなが笑顔で暮らせるように、その家事、いっそやめてみませんか?

敢えて「やめた家事」にフォーカスし、家事をやめてラクになったという方々のインタビューをまとめたLEE2月号の特集「この家事やめてラクになりました」。どんな家事をやめたのか、どういう風に折り合いをつけたのか…ラク家事実践のコツは、LEEweb上でも人気を集めていました(詳しくは 「ラク家事のススメ!」)。

私自身もまた、この記事に強く共感したひとりです。今回は私がやめてラクになった家事についてご紹介したいと思います!

夜の家事をやめ、全てを朝にシフト!

私は、基本的に毎朝4時に起きています。
…と周りに話すとびっくりされてしまうのですが、就寝時間も早く、夜8時半〜9時頃には、子どもたちとくっついて一緒に眠ってしまうので、基本的に日々7時間程度は寝ていることになります。

この朝型な生活を始めたきっかけは大きくふたつ。

まずひとつめは、寝かしつけで一度布団に入ってからまた起き直すのは辛いし、非効率だと思ったことでした。加えて我が家の場合は基本的に夫の帰りが22~23時と遅めで、毎晩それを待っていると睡眠不足になってしまう。自分の体調を保つためにも、ふたり目の出産後に夫にも相談し、夜は私も早めに就寝することに。どちらにしても夫が使った食器や洗濯物が夜中に増えてしまうので、それまで夜にしていた家事は、全て早朝にまとめてするようになりました。

早起きが続いているもうひとつの理由とは?

もちろん「今日はもう少し寝ていたいな、しんどいな」と感じる日もありますが、早起き生活が続いているふたつめの理由は「自分のやりたいことができた」ことで、私の場合それは、以前本誌の特集でも取り上げていただいいたランニングの習慣でした。

育児、家事、仕事など日々忙しいLEE世代。お子さんが赤ちゃんなど小さい時期はもちろんですが、成長すると今度は子どもたち自身の習い事や予定なども増えていくため、自分のための時間を捻出することはなかなか大変ですよね。そして夜は大抵、子どもと一緒にベッドに倒れこみたいくらい疲れている方が多いのではないでしょうか?

一方、まだみんなが寝静まっている朝は、まとめて時間が取りやすいとき。

それまで、子育て中は定期的に「自分の時間」を持つことは難しいと半ば諦めていましたが、思い切って早い時間に寝て早く起きることで「自分がやりたいこと」をする時間を意識して作るようになったおかげで、以前よりも日々の暮らしに対する充実感が高まりました。
自分の時間を作るために朝時間を活用すること、特に子育て中のママさんたちにこそ是非オススメしたいと感じています。

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン