映画ライター折田千鶴子のカルチャーナビアネックス

覗いてみた~い、婚活世界!! 『美人が婚活してみたら』黒川芽以さん×大九明子監督ガールズトーク

 

監督の可愛い演出に、最初は照れました(黒川)

ケイコに愚痴っては、毒舌ケイコに発破をかけられるタカコ。タカコとケイコのテンポのよい、そしてリアルな掛け合いも、本作の大きな魅力です。

――タカコとケイコに関して、監督と黒川さん、そして臼田あさ美さんを交えて、何か話し合ったりしましたか?

大九「私は、2人の持つ空気感みたいなものに、すごく期待していたんです。2人独特のノリみたいなもの、というか。だから、ちょっとした待ち時間などに2人がセットでずっと一緒にいるのを、シメシメと思いながら見ていました」

黒川「現場で私たちがやっているのを見た監督が、“あ、それいいね”と、仕草とか色々と取り入れていくことが結構、あったように思います」

大九「アドリブというか、今の面白いからもう一度お願い、という感じでしたね。私は常々、このタイミングでコレをする、というような演出をしないので。2人に自由にやってもらう中で、面白いと思うものを拾っていく感じでした」

黒川「私には、タカコとケイコ、どちらの面もあります。女同士で喋る時は、割とツッコミタイプなので、ケイコ側に立つことの方が多いかな。だからポンポンと言ってくるケイコのテンポ感にはすごく馴染みがあって。同時にタカコみたいに迷走というか(笑)、突っ走っちゃっていた時期もあったので、タカコにも共感できました。でも私、実は“監督ってタカコっぽいな”とずっと思っていたんです」

大九「へ~!? 分からないな」

黒川「すごく可愛い演出をして下さるんです。そんな演出、されたことがなかったので、“うわ、そんな可愛いコトやっていいんですか!?”って最初は照れちゃった(笑)。そういうところを監督が引き出してくれるし、また女優さんを可愛く撮るのがすごく上手な監督なんです! タカコを演じる上で分からないことがあって相談すると、監督が“自分の中のタカコ”を織り交ぜて語ってくれるので、迷ったときは大九監督を参考にして(笑)。監督自身が、本当に可愛らしい人なんですよ!」

 

大九「わー、何を言うんだ! キャリアの長い女優は怖いですね~(笑)。ただやっぱり、どんな主人公を演出していても、必ず私っぽくなっちゃう。というか、それしか出来ないので、それでやっていこうと開き直っています。」

黒川「それが面白かったんです。今まで引き出されていないものが、引き出されている感覚で、すごく監督に染めて欲しい、と思っていました」

大九「嬉しいですね。だって自分の作品の登場人物には、どうせなら嫌いな人で作るより、好きな人で作っていった方がいいし、好きな人で居て欲しいですから。黒川さんの中のチャーミングな部分を、映画の中で一杯みたい、という思いで演出していました」

黒川「大九さんに染めて欲しいと思っている女優さん、たくさんいると思いますよ!」

大九「いやいや、そんな、恐れ多いことでございますっ!」

 

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

折田千鶴子

映画ライター/映画評論家

Chizuko Orita

栃木県出身。LEE本誌で映画&DVD紹介ページやインタビューを担当。その他、各種雑誌やWEBメディア、映画パンフレットなどで映画コラムや批評、取材記事を執筆。夫と10歳の双子男子の4人暮らし。愛犬を亡くし、家族でペットロス中。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン