飯田りえ

子どものスキーデビューが果たせたら…星野リゾート アルツ磐梯でレベルアップ!


今年のスノーシーズンも、もう残すところわずかとなりましたね。
前回記事では「リゾナーレ八ヶ岳」での星野リゾート式スキーレッスン「雪ッズ70」の体験記をご紹介しました。周りからの反響も多く、記事を読んだママたちから「スキーデビューを果たした後は、どこに行けばいい?」「子どもと一緒に楽しめるゲレンデってどこ?」「スキーレッスンの良いところってない?」わが家もまだまだ模索中ですので、今回初めて東北方面へ。

国内有数のビッグゲレンデである「アルツ磐梯」は、25コース6つのエリアに分かれた初心者から上級者まで存分に楽しめるゲレンデ。上質な雪質とレベルの高いパークがあることから、プロスキーヤーやプロライダーも足しげく通っているそう。そしてここアルツ磐梯は星野リゾートが運営しているので、リゾナーレ八ヶ岳から継続して雪ッズ70のレッスンを受けることができるのです。

雪ッズ70は細かく分けられた70のステップを一つ一つクリアするので上達も早く(これは前回実証済み)、日本スキー連盟(SAJ)のジュニア検定で同等レベルのスキルが身につくスキーレッスン。前回教えてもらったレベル3前半(ボーゲンでターンが安定していて、ジャンプや三角の形も変えられる)から継続すると…今シーズン中にどこまで上達するのでしょうか?

星野リゾートのスキー場&ホテル…と言うことはストレスフリー!

ゲレンデ内には同じ星野リゾートが運営する「磐梯山温泉ホテル」があり、子連れスキー向けにストレスフリーなおもてなしがたくさんあります。

1.子どものスキー&ボードがレンタルフリー
ウェアも板も、小学生以下はレンタルフリー。(大人は有料で宿泊者割引あり)東京からだと電車でもアクセスが良いので、スキー&スノボ道具を持たずに手ぶらでも行けます。

2. 初心者向けリフトがフリー
傾斜10度の緩やかな斜面のコースに面したリフト「ファーストチェア」が無料。「そこまでリフトは乗らないけど…」という初心者や子連れには嬉しい!

3. オリジナルの星野式メソッド「雪ッズ70」が秀逸
雪ッズ70はレベルが4段階、ステップが70項目に設定されたスキーレッスン。一つずつクリアしやすいのと、目標が明確なので上達が早い!

4. 雪遊びグッズのレンタルもフリー
ホテル目の前にキッズエリアがあるので、様々な種類のそりや雪遊びグッズを楽しめます。スノーエスカレーターも設置してあるのでラクラク。

5. 様々なアクティビティが充実
スノーモービルに引かれて乗るスノーラフティングや、圧雪車に乗る体験、キッズレスキュー隊の体験、手焼きでおせんべいを焼くおやつタイムなどなど、スキー以外の子どもたちを飽きさせない仕掛けがいっぱい。

6. 朝イチのファーストライドがフリー
朝一番のゴンドラに乗って、整備したてのコースを滑走できるプログラム。宿泊者限定なので、誰にも邪魔されず広々としたゲレンデを堪能。

これでだけでも嬉しい限りですが、宿泊者向けのサービスやアクティビティはまだまだあるのです。

ロビーには赤べこがお出迎え、もうすでにワクワク

東京から車で4時間(電車では3時間半)、朝イチ都内を出発してお昼前には到着しました。信州や上越に行く時間と同じぐらいですね。東北道は混雑もなく、アクセスは快適でした。
ホテルに入ると、早速会津を代表する赤い牛の張り子の「赤べこ」がお出迎え、しかも子どもが2人も楽に乗れるサイズで、もちろん首も振てってくれます。そしてこの縁起物と愛される赤べこが至る所に…!郷土愛に溢れていて早くもワクワクしてきました。

まずはお昼を食べがてら、隣のリゾートセンターでウェアと板のレンタルへ。チェックインは16時なので大きな荷物は預けて、宿泊者専用更衣室で着替えてからゲレンデへ向かいます。

ホテルとリゾートセンターへは渡り廊下でつながっているので、ゲレンデへ向かう途中も寒さ知らず。こういった心遣いがさすがですね。ここでも赤べこの提灯がずらっと、飽きさせません。

外にフォトジェニックなドラム缶広場が見えたら、そこがリゾートセンター。レンタルやショップ、レストランやカフェなどがすべてここに揃っています。スキーやスノボの日帰り利用の方も多いので、時間帯によっては混雑していますが、2階にはファミリースペースもありますし、フリーラウンジへ行けばブーツを脱いでくつろぐことも可能。満1歳から預けられる広々とした託児スペースもありました。

午後のスキーに向けてメインレストラン「磐梯食堂」で名物・塩カツ丼を。肉厚のボリューム満点なカツを塩ダレでいただき、最後は出汁をかけてお茶漬け風に…2度味の変化を楽しめ、午後に備えてお腹も準備完了です。

子どもたちのフリーレンタルを終えてから、いざ雪ッズ70へ!

(前回同様)大人も子どももウェアの種類が豊富すぎて…なかなか決まりません。もちろんウェアだけでなく手袋、帽子、ゴーグルも全て揃います。好きなデザインが決まったら、スキー板とブーツもそのままレンタル。(ちなみにスキーはATOMIC、スノーボードはBURTONなどの人気メーカーがスタンバイ)ウェアに着替えてからリゾートセンター内にある、雪ッズ70の集合場所へ。

雪ッズ70は’16年にここアルツ磐梯からスタートしました。インストラクターのスキルに左右されることなく、確実に上達すステップがあるので、楽しく滑りながら技術を習得できます。ちなみに、アルツ磐梯では毎週土曜日に日本スキー連盟(SAJ)のジュニア検定の1〜3級の試験も行なっているので、検定に合わせてレッスンを受ける事も可能に。

今回のコーチは元気いっぱいな福ちゃん。親しみやすく早くも子どもたちの心をがっちり掴んでいます。レッスンカルテを持参して、前回の続きからスタートです。このカルテがあると継続して続けられるので無駄がなく、明確な申し送りができるのが良いですね!

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

飯田りえ

ライター

Rie Iida

1978年、兵庫県生まれ。関西の女性誌&MOOK編集者を経て上京後、フリーランスに。雑誌・WEBなどで子育てや教育、女性の生き方、食、旅、街歩きなどのテーマを中心に編集執筆を手がける。休日は7歳&4歳の男児と夫の4人でアクティブに遊ぶ日々。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン