上紙夏花

愛用したランドセルを捨てずに活用!小学校の思い出をカタチに残そう

6年一緒に過ごしたランドセル、どうしますか?

こちらは来月四年生になる、長男のランドセル。さすがは男の子。つぶれ気味で年季が入ってきていますね。土屋鞄のものです。

 

まもなく卒業式を迎える、小学6年生のみなさん、親御さん、ご卒業おめでとうございます!入学式のときには、身体の大きさに対して大きく感じたランドセルも、すっかり馴染んで自分の一部のような存在になったのではないでしょうか?

 

こちらは2年生ごろの長男の写真。やっとランドセル姿を見慣れてきたころですね。

 

おじいちゃんおばあちゃんに買ってもらった人、お目当てのブランドのランドセルを求めて早くから下見に行った人……など、思い出が詰まっていることでしょう。我が家の9歳男児のランドセルは、結構味が出てきました。(傷だらけとも言います。笑)入学式の写真でランドセルと本人のバランスを見ると、とっても成長を感じます。

 

大人からしても、大きな買い物に入るほど、ランドセルは高価ですよね。思い出もたっぷり詰まったランドセルですから、その分、卒業して使わなくなったらどうするか……迷いませんか?我が家は卒業まであと3年ありますが、今からどうするか考えておこうと、ちょっと調べてみることにしました。

 

 

ミニランドセルや定期入れにリメイクしよう!

 

ランドセルはとても丈夫!革や合皮などでできているので、耐久性もありますよね。せっかく上質な素材なのですから、形を変えて長く愛用するのも素敵なことです。どんなものにリメイクできるのかというと、以下のようなものが人気のようです。

・ミニランドセル

・財布

・キーケース

・パスケース

・ブックカバー

・名刺入れ

価格は千円代~数万円までといろいろ。ひとつのランドセルから、複数の小物にリメイクしてくれるところもあるので、同じ素材で普段使い出来るアイテムが一気に揃うのは魅力的ですね。「ランドセル リメイク」で検索するといろんな業者が見つかります。中でも、私が気になったのは、『大革堂』さん。ランドセルのフックや側面についているひっかけ金具などを再利用しているところが特徴的です。

 

大革堂⇒http://randoseru.co.jp/remake/

 

数種類のキーホルダーを作って、ランドセルを買ってもらったおじいちゃんおばあちゃんに、成長の記念としてプレゼントすると喜ばれそうですね!大きく傷があったり、革がボロボロすぎると加工できない場合もあるので、お店にお問い合わせを。このほかにもリメイクしてくれるところがたくさんありました。どこのお店もこの時期は混雑しているようなので、出来上がりを楽しみに気長に待つことになりそうですね。

 

 

暮らしのヒント/社会貢献 最新の記事

社会貢献をもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン