お金のプロの「保険」と「教育費」

現役FPに聞く!保険と教育費、どう選んでいますか? vol. 1

家計の中でも気になるのが、保険と教育費のやりくりについて。そこで、子育て中の現役FP(ファイナンシャルプランナー)に、自身が選んだ保険&教育費の貯め方、選び方を直撃取材!
プロが考えるとっておきのコツとテクをたっぷりお見せします。

この記事は2018年10月7日発売LEE11月号の再掲載です。


お金のプロのリアルな選択vol. 1
どんな商品かではなく、どんな保障が必要か熟考を

FP事務所代表
廣江淳哉さん(43歳・妻39歳・娘5歳、1歳)
10年前にFP資格を取得、9年前に事務所を開業。保険、家のローン、教育費、老後資金など、お金にまつわる個人カウンセリングが主な業務。同じくFP資格を持つ妻が、事務的仕事をサポート。5歳、1歳の娘がいて、本格的に教育費がかかるのはこれから。

 

収入

世帯年収 約 560万円(手取り)
 個人事務所(自営業)/手取り年収 : 約470万円
 自営業手伝い/手取り月収 : 約8万円(夫の収入から)

総貯蓄額 約 710万円(保険含む)
普通預金250万円、国内株式80万円、投資信託100万円Point 1)、終身保険(定額)140万円、変額保険40万円、金プラチナ100万円

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン