イッタラ「ラーミ(Raami)」、主婦目線で選んだ「おすすめ」2選

イッタラ好きの私。2019年2月発売の新シリーズ「ラーミ(Raami)」の発表会へ足を運んできました。

会場はフィンランド大使館。

会場では日本とフィンランドの外交関係樹立100周年の親善大使をつとめる3人、女優の小林聡美さん、ピアニストの舘野泉さん、でんぱ組.incのピンキー! として活躍するアイドル藤咲彩音さんがゲストとして登場。フィンランドでの思い出や、イッタラについて語りました。

そして、待ちに待った「ラーミ(Raami)」のお目見え!

「ラーミ(Raami)」は、セラミック、2タイプのグラスウェア、木製品のラインナップが揃い、朝食からディナーまで、すべての時間帯の食卓を心地よく演出してくれる、注目の新シリーズです。
デザインを手がけたのはジャスパー・モリソン。発表会ではデザイン案も展示されていました。

実際に手にとり、飲み物を飲んだり、食事をする機会もあったので、イッタラ好き主婦目線でのリアルな感想をお伝えしたいと思います。

食器を選ぶ際には、お客様用、休日用、イベント用など、さまざまな用途に合わせて迎えるものですが、「ラーミ(Raami)」には、日々の暮らしの中で、普段づかいするのに特におすすめなデザインが2種類ありました!

「ラーミ(Raami)」おすすめその1:フルーテッドデザインのグラス類

まずおすすめしたいのが、グラス、カラフェ、キャンドルホルダー類。

ご覧の通り、印象深い縦じまが入っているので、柄に沿って凸凹のある触り心地なのかと思いきや……

実際に手にとってみると、つるんとした感触(あれっ!? となりました)。

グラスでオレンジジュースをいただきましたが、重さも気にならず、デイリー使いにぴったりという印象。

この縦じま、なんと内側にデザインされているんです!

珍しく、特別感のあるデザインで、手にとるたびウキウキしそう。お客様に出すにもいいですね。

外側はつるんとしていますが、滑りやすいわけではなく、女性の手にもおさまりのよいサイズ感。

さらに……日中の光の下では、このように美しい影があらわれるのです!

見てください、この美しい影! こちらは、日中の光を再現した部屋でスマホを使って撮影した一枚。朝のドリンクを「ラーミ(Raami)」に注げば、気分よく1日をスタートできそうです……!

夜の照明の下でもこの通り。日中と違った雰囲気を楽しめます。

素材としては繊細ではなく、丈夫な印象。にも関わらず、内側にデザインされた縦じまがさまざまな表情の光を織り成し、とっても幻想的。

日常を、素敵に彩ってくれること間違いなし! のアイテムです。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。個人的に気になるのは産後の健康状態。家族は夫と3歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン