峰典子

夕飯がご飯とみそ汁だけの日があってもいい!ワタナベマキさんの大満足・お味噌汁レシピ。

ご飯のリクエストを家族に聞いたのに「なんでもいい!」って言われて、イラッとしたこと、きっと皆さんにもありますよね。特にワーママにとっては、平日の夕食は死活問題。献立を考えることもそうですが、さらにそこに重なってくるのは、調理時間が少ないことや、子どもの好き嫌い、栄養バランス……。手を抜きたくないのはやまやまだけど、本音では面倒な夕食作り。これってどうしたらいいんでしょう。教えてください、マキさん!

ワタナベマキさんの最後の一手はお味噌汁でした。

小学生の息子さんが少食で困っていたというマキさん。そんな息子さんが大好きだったのが、お味噌汁だったそう。毎日つくっていたお味噌汁に「これも入れちゃえあれも入れちゃえ」って、あれこれ具材を入れて。週のうち2回くらいはご飯とお味噌汁だけ、というシンプル献立にしてみたら「子どもはラッキー !って喜ぶし、私は楽ちんだし」と、いいことばっかり。今でも、飽きないようにお味噌を変えたり、変わり種の具材を入れたりと、お味噌汁デーを楽しんでいるといいます。

味噌汁って、いいことずくめ。でも、それだけでおかずになるの?

お味噌汁って美味しいだけではなくて、本当に万能なんです。お味噌を愛し、日夜お味噌の普及に励む“ミソガール”こと藤本智子さんによると「腸内環境を整え、生活習慣病予防や、疲労回復効果などが期待できる。また、美肌にもいい」とか。もっともっと、味噌汁を食べて欲しい! と藤本さんが考案したのが「YGM」なるキャッチフレーズ。Y(夜は)G(ご飯と)M(味噌汁)だけあればいいよね!というものです。

しかし、いざYGMを実行しようと思っても、それだけで本当におかずになるの? と半信半疑になってしまうかも。お腹にもしっかりたまって、おかずにもなる。そして栄養バランスのいいお味噌汁、知りたいですよね。そこで、ワタナベマキさんオリジナルのYGMメニューを皆でつくっていただくという調理イベントに参加してきました。

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

Writer Profile

峰典子

ライター/コピーライター

Noriko Mine

1984年、神奈川県生まれ。映画や音楽レビュー、企業WEBサイト、広報誌などを手がける。子どもとの休日は、書店か映画館のインドアコースが定番。フードユニットrakkoとしても活動中。3歳年上の夫、4歳の息子との3人家族。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン