ママの詫び状

中野ジェームズ修一さんに聞く!医師の「運動しなさい」に、大人の女が最初にすべきこと【河崎環・ママの詫び状 第11回】

オトナ女子会、「なにか健康にいいことしてる?」が合言葉になってきた……

40歳を過ぎた頃からだろうか。ワインと国内外の美味しいものが満遍なく大好きな、舌も目も耳も肥えた大人の女たちで集まると、ワイングラス片手にひとしきり自分たちや世間のあれこれの話に花を咲かせ、4杯目くらいのまったりとした空間に小さな沈黙が過(よ)ぎる。すると誰かしらがふっとため息をついて、「ねえ、そう言えば、なにか健康にいいことしてる?」なんて聞くようになった。

さすが「お年頃」ならでは、ぽつぽつと告白が出てくる。
「実は私、こないだ健康診断で引っかかっちゃって……」「私は○○が見つかったわ」「経過観察? ならまだどうにかなるよ、私は血糖値がヤバくて、糖尿病予備群の予備群って言われちゃった」。

「運動しなきゃね」「うん、運動しなきゃだよ」と、皆でテーブルの上の美酒と美食の残骸をじっと見つめるのだ。

そうは言いつつ大皿に残ったピンチョスなどをさらに1つ2つつまみながら、ときどき女性専用ジムでマシントレーニングやってるよ私、私は岩盤ホットヨガ、ピラティスもいいよね、などとライトな運動の情報交換。そこに「私、実は走ってるの。目標はハーフマラソンなんだ」なんて人が登場すると、「やだっ、道理でさっきからあんまり飲まないよね!」「ちょっと、どういうこと! そのへん詳しく!」と大騒ぎである。

 

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本(中野ジェームズ修一/日経BP社)

運動しなきゃ、は、もうよーく分かっている。数値的にもそろそろヤバい、いや、人によっては待ったなしということもあるだろう。でも時間が、仕事が、子育てが。私お酒好きなのよね、美味しいものもやめられない。スポーツするとアウトドアで肌とか髪とか痛みそう、筋肉つくと太くなりそう、そもそもスポーツ苦手だから続かなそう(以上全て「イメージ」)……など、まったく、世知に長けたオトナ女子は言いわけ上手だ。

でも、その上手な言いわけで先送りした結果、徐々に削られていくのは、自分の健康である。そして、その結果を引き受けるのも、自分である。食べれば問題を解決してくれそうな健康食品やサプリはせっせと摂るし、塗れば問題を解決してくれそうな化粧品は買うし、着ければ問題を解決してくれそうな下着にも投資する。なのに一番大事な自分の体という土台の問題解決は先送りしちゃう、それが私たちだ。

平成最後だし、オトナなんだから、もう言いわけを並べる人生はやめようと思う。ていうか、高齢化社会の医療・介護のパンクを下から見ている私たち世代に、もう言い訳してる時間はない……。いま始めなきゃ。

でも、じゃあまず、何をしたらいい? そう思っていたらドンピシャの本を見つけた。『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』。まさに私たちのためにあるような本じゃない!? 著者は多くのトップアスリートや青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当するフィジカルトレーナーの第一人者、中野ジェームズ修一先生。それは絶対に教えを乞いに行かねば!

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

河崎環

コラムニスト

Tamaki Kawasaki

1973年、京都生まれ神奈川育ち。22歳女子と13歳男子の母。欧州2カ国(スイス、英国)での暮らしを経て帰国後、子育て、政治経済、時事、カルチャーなど多岐に渡る分野での記事・コラム執筆を続ける。2019秋学期は立教大学社会学部にてライティング講座を担当。著書に『女子の生き様は顔に出る』(プレジデント社)。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン