上紙夏花

子連れでも金沢を満喫!親子ワークショップでオンリーワンのお土産を【後編】

金沢の情緒を親子で楽しみたい!

しっとり大人な街、金沢。東京駅から2時間半新幹線にゆられ、9歳長男、3歳次男と降り立った私。子連れでも楽しめるのか、少し不安を抱えていました。でも、前回ここでご紹介した通り、『三井ガーデンホテル金沢』の落ち着いた雰囲気とスタッフのみなさんの素晴らしいホスピタリティのおかげで、緊張もゆるみ、とてもゆったり過ごせました。

 

こちらは三井ガーデンホテル金沢のレストラン『能加万菜 万庭』。今回は特別にこの場所で和菓子のワークショップを体験させてもらいました。

 

今回は親子旅ということもあって、兼六園などの観光よりも「楽しい!」とか「美味しい!」と感じられる金沢の文化に触れるような観光コースを選びました。親子でも楽しめるワークショップや金沢ならではのお土産をご紹介したいと思います! まずは今回特別にホテル内で開催された〝和菓子手作り体験〟のワークショップをレポートします。

 

本格的な味の和菓子がオリジナル作品に!?

 

 

美味しい和菓子がたくさんある金沢。老舗和菓子店『越山甘味堂』さんに2種類の季節の上生菓子を教えていただきました。親子で和菓子が作れるなんて、素敵!「うぐいす」と「梅園」を作ります。和菓子職人さんから、「作るときの道具は、編み物に使われるかぎ針やガーゼなど、身近にある道具を取り入れている」と聞いて、長男がとても興味深そうに見ていました。これは私も知りませんでした!

 

 

ピンクの方には、フリーズドライのイチゴが練りこまれていて、とてもいい香り。職人さんに教えてもらいながら、少しずつ作っていきます。大人は忠実に作っていくのですが、子どもたちはやっぱりオリジナリティが!

 

もちろん、こだわればこだわるほど、難しく奥が深いのですが、子どもにとっては粘土感覚で楽しめるようで、3歳の次男も「やりたい!」と前のめりで参加していました。

 

3歳次男もなんとかまとまった……というくらいの形にはなって、一度は箱詰めしたのですが、すぐに食べちゃいました(笑)。

 

2種類を2つずつの合計4つ(賞味期限は3日)持ち帰れるので、おじいちゃんおばあちゃんへ孫からのオンリーワンのお土産で渡すのも喜ばれそう!出来上がったものは1つずつ透明ケースに入れて、4つ入る化粧箱に入れて完成。材料は老舗の味だから間違いないですね。通常はこちらのワークショップ、越山甘味堂 本店(JR金沢駅からバスで停留所2つ目)にて行っているそうですので、お土産も買いがてら体験してみてはいかがでしょうか?

 

越山甘味堂 本店 和菓子ワークショップの詳細は⇒こちら

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター/ビューティープランナー

Natsuka Uegami

1977年、大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子9歳、3歳

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン