映画ライター折田千鶴子のカルチャーナビアネックス

映画でもっと世界を知ろう!  各国の“らしさ”満載  の佳作が勢揃い! <年始篇>

厳選して絞った5作品はコレ!

今年も映画を通して、色んな形で皆さまの心を少しでもホクホクさせられるように努めていきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします!

さて、前回、“昨年の年末から今年の年始にかけて、なぜか世界各国の特色ある映画の秀作が勢揃い”と書かせていただきましたが、今回はその第二弾。年始篇のご紹介です。

色んな国の作品がズラリと揃っていて、前回は少々舞い上がって多数の作品を紹介しましたが、今回は厳選し、下記の5本に絞ってみました!

イタリア映画「愛と銃弾」より

高度成長期直前の中国を舞台 (撮影は湖西省)にしたサスペンス『迫り来る嵐』

ある青年の祖国ドイツからパリ、さらにマルセイユへの逃避行『未来を乗り換えた男』

インド映画(舞台はパレスチナ⇔インド)のスペクタクル人情劇『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

イタリア映画らしい(舞台はナポリ)パンチの効いた恋愛クライム活劇『愛と銃弾』

イラクのクルド人自治区の女性/母の闘いを描いた衝撃作『バハールの涙』

 

では、まずは……

既に公開中の傑作サスペンス 『迫りくる嵐』

もわ~っとした空気に呑みこまれていくような、胸を掻きむしりたくなる焦燥感をたっぷり味わえる逸品です。

『迫り来る嵐』
中国/2017年/中国語/119分
監督・脚本:ドン・ユエ(董越)
出演:ドアン・イーホン(段奕宏)、ジャン・イーイェン(江一燕)、トゥ・ユアン(杜源)
配給:アット エンタテインメント
© 2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited
新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開中。以後、全国順次公開

<こんな物語>

1997年、小さな町の国営製鋼工場で、保安部の警備員として働いているユィは、工場内の泥棒検挙で実績を上げ、意気揚々。そんな折、町で若い女の連続殺人事件が発生し、現場を訪れたユィは、知り合いの警部から情報を聞き出し、刑事気取りで事件に首を突っ込み始める。どんどん事件にのめり込むうし、被害者女性らがどこか自分の恋人イェンズに似ている、つまり“犯人好み”であると気づいたユィは――。

<ココが面白い!>

香港返還など中国激動の足音が近づきつつある90年代後半の地方都市。とはいえ巨大な古い工場がデンと据わったその町は、これから迎える祝祭的な雰囲気は微塵も感じさせないどころか、暗く冷たい陰鬱なムードが終始漂っています。なぜにユィがそんなにも犯人探しに奔走するのか。それが最大の謎だったりするのですが、必死で犯人を追い詰めようとしても、寸でのところでスルリと逃げられてしまう、彼が感じる圧迫感や焦燥に観る側も焦れてきます。湿ったような青緑がかった映像も、何とも味わい深いのです。

作品資料にも、韓国映画『殺人の追憶』や、中国映画『薄氷の殺人』が引き合いに出されていますが、なるほど“味わい”は非常に似ています。犯人が誰かという推理よりも、ユィの何かにとり憑かれたような様子、その心理模様、ドツボ感がたまらないのです。事件の結末自体にもアッと小さく驚きますが、ユィをめぐる結末に深い驚きと衝撃が隠されていて、何とも言えずに「う~む……」と身悶え。濃密な時間を過ごしていただける作品です。これが監督デビュー作とは、本当に驚きです!

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

折田千鶴子

映画ライター/映画評論家

Chizuko Orita

1968年、栃木県生まれ。LEE本誌で映画&DVD紹介頁やインタビューを担当。その他、新聞・週刊誌・雑誌などで映画コラムや批評、取材記事を執筆。夫と8歳の双子男子と愛犬の、4人1匹暮らし。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン