上紙夏花

子連れでも金沢を満喫!伝統にふれる旅【前編】

 親子で楽しむ古都金沢への旅

 

LEE1月号の企画『井川遥さんとものづくりと伝統を訪ねる旅』を読んで以来、「金沢へ行きたい!」と思いを募らせていました。石川県は金沢といえば、食べ物がおいしくて、街並みが美しい! そして、伝統的な文化を受け継いだ新しい美しさを感じられる場所。

 

 

金沢に1月11日『三井ガーデンホテル金沢』がグランドオープン。オープンに先駆けて試泊をさせてもらえることになり、喜んで参加させてもらいました。

 

フロントカウンターには、金箔パネルが組み込まれていたり、加賀友禅をイメージした組子の光壁など、金沢の伝統文化を感じるデザインが。

 

 

今回は9歳長男と3歳次男と私、3人旅。落ち着いた雰囲気の金沢は「大人の旅」というイメージがあったので、行動時間が読めない3歳児を連れての旅で楽しめるのか?と不安がありましたが、とても楽しい旅となりました!前後編と二週に渡ってご紹介します。

 

 

館内ではたくさんのアート作品に出合える

「へいわののりもの」と題した作品がロビーでお出迎え。平和のメッセージを込めた乾漆作品。

 

「オルタナティブな金沢」をテーマに、金沢にゆかりのある工芸作家やアーティストたちが作り上げたアート作品が、ホテルのいたるところに展示されています。伝統工芸の繊細さと現代アートの大胆な感性が融合して、新たな文化が生まれています。

 

和菓子の型をポップに彩った「菓子折々」。伝統文化がみごとに現代アートに融合しています。

 

子どもたちも、作品を見つけるごとに反応して、「これはなあに?」「わーきれい!」などと興味を示していました。美術館へ行くのもいいですが、ホテル内にこうやって作品があることで、訪れた土地の文化について、親子で話すきっかけになりますね。

 

 

地元食材を味わえるビュッフェも

加賀野菜もたくさん!ここで初めて食べた、金時草(きんじそう)の酢の物の味と食感、色合いに感動しました。まだまだ知らない野菜がありますね。

 

ホテル1階にある和食レストランは『能加万菜 万庭』。朝食の「おばんざいビュッフェ」には、金沢ならではの海の幸や、新鮮な加賀野菜を使った郷土料理がずらりと並びます。

 

 

さすが金沢ですね、器のかわいらしさにも目を奪われました。〝金箔しゃぶしゃぶ〟なる、煌びやかなメニューもあったりして、子どもたちも終始ワクワクしっぱなし。親子ともにたくさんいただきました。

 

 

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン