津島千佳

寝台列車「サンライズ瀬戸」で親子旅してきました!

さっそく車内へ。部屋までの通路は、大人一人が通れるくらい広さ。
部屋はカプセルホテルのようなベッドだけの空間からツインルームまで6タイプありますが、今回はシングルデラックスという1人用個室にしました。

ベッドはテーブルの後ろに。

置いてあるスーツケースとの対比から、コンパクトなつくりの部屋だということがおわかりいただけるでしょうか。ビジネスホテルの部屋を、より狭くした感じ。

ベッドはシングルサイズですが、3歳の息子と私なら問題なく眠れました。

洗面台とコンセントもあり、トイレ以外は室内で事足ります。

ホテル同様、パジャマやアメニティも。

もちろんチケットがあって、子ども連れでないのが前提ですが、これだけ揃っていれば仕事帰りにふらっと乗れそう。
部屋は2階だったため、ホームを見下ろせました。見慣れた景色でも、視点が変わるだけで新鮮。

窓はアーチ状に大きく設えられているので、寝転がっても風景が見えます。これぞ寝台車の醍醐味!

目覚めた時には岡山駅で出雲市方面と切り離され、サンライズ瀬戸は瀬戸大橋を渡っていました。

少し遅延したものの、高松駅に着いたのは8時すぎ。旅行で訪れる方なら、初日からフルで観光を楽しめますね。

チケットを取るなら、早めに行動を

しかしチケットを取るのは結構大変でした。乗車日の1カ月前から予約開始ですが、みどりの窓口でしか購入できません。みどりの窓口に行く前に、チケットの残席状況を調べようとネットで検索しましたが、出てきません。そういったサービスをネットで提供していないため、残席の確認は電話のみ。
そして金土日の3連休前の木曜夜にチケットを取ろうとしたら、案の定満席。いつならシングルデラックスが取れるのか、結局その週の月曜夜まで遡ることになりました…。

人気の列車なので、動くなら早めが肝心ですね。またはサンライズ瀬戸・出雲のツアーもあるようなので、こちらを利用した方が確実かもしれません。
子連れで長時間公共交通機関を利用すると、子どもが騒いだらどうしようとか、周囲に気をつかいます。でもこれなら個室なので多少ぐずっても安心。移動手段も想い出深い旅行にしたいママに、寝台列車はおすすめです。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン